気になった雑誌記事

スポンサーリンク
気になった雑誌記事

ウイルスと細菌の違いは? ウイルスは生物ではありません。

ウイルスが生物ではない、とは知りませんでした。漠然と細菌と同じように考えていました。また、ウイルスと細菌の大きさから、マスクでは防げないことがわかりました。網目の細かいマスクって、探せばあるのでしょうか。でも、マスク不足で、確認する手立てがありません。
気になった雑誌記事

なぜスシロー「回転ずし」が、お客にも業者にも一目おかれる理由。

昭和の時代は、寿司屋に入ってカウンターに座り、お好みで食べるのは怖いほど高かった。それが回転ずしが出てきた現代、驚くべき安さになった。いったい回転ずしの原価って、どうなっているのか? ず〜っと、気になっていました。
気になった雑誌記事

志らくの妻・酒井莉加って? 酒を飲むと恋愛SEX依存症?

酒井莉加が「復縁」を求めた手紙。当時35歳にしては女子高生みたいな封筒と文面です。早く会えますよーに♡パダコニアのジャンパーは、ズボンにも■■にも合わないけど1番あったかいから、■■なら平気かと思って買ったョ。オシャレしてね♡
気になった雑誌記事

村上裕二『ゴジラ、日本画に進撃』とにかくかっこいい!

村上裕二の赤富士バックのゴジラ、北斎の『赤富士』のようにいいですね。村上裕二さんは、記事では『僕はモスラが好き』と語っていますが、それもよくわかります。2019年公開された映画『ゴジラ、キング・オブ・モンスター』に出てきたモスラ、とにかく美しかったですね。
気になった雑誌記事

鈴木杏樹、喜多村緑郎「独り身になるつもり」に騙された禁断愛?

1月30日。都心から車で一時間弱の干葉県某所の海岸に、肩を組んで談笑する一組のカップルがいた。口マンチックな恋人たちの一幕で終わればよいが、このニ人、ただならぬ関係なのだ。女は女優・鈴木杏樹、男は俳優・喜多村緑郎だ。喜多村は元宝塚トップスターで女優の貴城けいを妻に持つ。
気になった雑誌記事

新型肺炎コロナウイルス予防、日常できること気になること5

新型肺炎コロナウイルスの新しい感染者が、毎日報道されています。しかし、日常何を気をつけたらよいのか分かりません。そんな時、今日発売の『週刊文春』に「新型肺炎に克つ 総力取材15本」の記事が出ていました。その中から、日常できること、気になることを5つピックアップしました。
気になった雑誌記事

木下優樹菜の相手は、乾貴士だった⁉︎ インスタ縦読みメッセージ!

またまたサーカーネタです。『ダウンタウンなう』(2018年7月20日放送・フジテレビ系)にゲスト出演していた乾貴士選手が、好きな女性のタイプについて「おれ、ギャルが好きなんですよ。ユッキーナとか好きです」と発言していたことが発掘される。
気になった雑誌記事

日本サッカー、森保監督を解任できない田嶋会長の「任命責任」

森保監督の責任それ以上に、森保監督を解任できない田嶋会長の「任命責任」問題があるようです。ちょっと出所が同じなのかどうか疑問がありますが、ここ一週間の数誌(FLASH、アサヒ芸能、新潮)に、同じような「森保解任⁉︎」記事が出ていました。
気になった雑誌記事

天海祐希と石田ゆり子と熟レズ同棲密約、スナックあけぼの橋の誓い!

天海祐希と石田ゆり子のコンビは、スナックあけぼの橋から?天海祐希と石田ゆり子は、二人とも独身の五十路。その盤石な関係には何やら怪しげな気配が漂っています。よほどずっと一緒にいたいのか、「熟レズ同棲」が邪推される構想まで話し合っているらしい。
気になった雑誌記事

アルソック(ALSOK)警備会社が、警備上でとんだ失態⁉︎

事務所にアルソックの機械警備システムを入れていました。ところが、うちと業務委託の契約をめぐって関係が悪化すると、事前に預けていた鍵を使って事務所に忍び込み、警備機器を無断で撤去したのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました