終活を考える

スポンサーリンク
終活を考える

死とは何か イェール大学・完全版要約[第11講]不死—可能だとしたら

不死、「仮定」の話はもういいのです。「不死」というと、どうしてすぐ「永遠の生」となるのでしょうか? そして、「不死」になったら、次に「退屈」の問題が出てきます。永遠に生きていれば、なんでもやり尽くし、最後には何をしたら良いかわからなくなってしまう、といった流れです。
終活を考える

死とは何か イェール大学・完全版要約[第10講]死はなぜ悪いのか

なぜ死が悪いことでありうるかについては、難問——まだ完全には答えが得られていない疑問——がいくつか残っていると思う。だがそれでもなお、私には剥奪説こそが、進むべき正しい道に思える。この説は、死にまつわる最悪の点を実際にはっきり捉えているように見える。
終活を考える

死とは何か イェール大学[第9講]当事者意識と孤独感—死を巡る2つの主張

私には、正直[第9講]の前半の観念論はどうでもいいと思います。しかし、後半「死ぬときは、けっきょく独り」もあまり得るものがありません。ただ一つを除いて。「私たちはみな独りで死ぬ」という主張は、心理にまつわるもの。
終活を考える

丸山ワクチンの真実3。オプジーボとの併用で「がん」1割以下に縮んだ!

丸山ワクチンオプジーボとの併用「がん」1割以下に縮小。集中連載の最終回は、ノーベル賞受賞で注目される「オプジーボ」との併用についてです。2つの免疫薬は相乗作用し、がんを1割以下にまで縮小させる劇的な効果を及ぼした。
終活を考える

死とは何か イェール大学[第8講]死の本質

死とは何か。私が死んだのはいったいいつ? 科学の観点から解明するべき詳細はたくさんあるかもしれない。だが、哲学の観点に立つと、ここでは何一つ謎めいたことは起こっていない。身体が作動し、それから壊れる。死とは、ただそれだけのことなのだ。
終活を考える

死とは何か イェール大学[第7講]魂説、身体説、人格説ーどの説を選ぶか?

[第7講]魂説、身体説、人格説——どの説を選ぶか? [第6講]であげた人格の同一性についての説の、魂説、身体説、人格説のどれを選択すべきか? [第7講]は、302〜367pで3/4ページを占めていますが、全く読まなくてもいい内容でし...
終活を考える

【丸山ワクチンの真実2】がんを死滅させるメカニズム

世界初ヒトの免疫細胞で有効性を実証。がん免疫薬、丸山ワクチンが「なぜ効くか」について、最新の研究は効用の仕組みをついに解明した。2回目は、ヒトの免疫細胞で有効性を実証した、世界初の取り組みを紹介。がんを消滅させる驚きのメカニズムに迫る!
終活を考える

【丸山ワクチンの真実1】がん臨床試験が解明した衝撃の3大効果

丸山ワクチンは、古くて新しい最先端のがん免疫薬。自然免疫システムの司令塔にあたるのが、樹状細胞と呼ばれる免疫細胞です。丸山ワクチンはがん細胞によっていわば無能化された樹状細胞を元の状態に戻し、攻撃部隊であるキラーT細胞を体内で次々と誘導する効果があります。
終活を考える

【テセウスの船】死とは何か イェール大学[第6講]人格の同一性

この[第6講]は、『テセウスの船』を思い出させます。テセウスが帰還した船には30本の櫂があり、アテネの人々はこの『テセウスの船』の朽ちた木材を徐々に新たな木材に置き換えて保存したのです。これが、論理的な問題から哲学者らにとって恰好の議論の的となったのです。
終活を考える

死とは何か イェール大学[第5講]魂の不滅性、プラトンの見解

高校の時、プラトンの対話篇はよく読みました。だから、正直「読む必要なし」と言うのがとても辛い。ギリシャ神話や悲劇と同じく好きなプラトン!そして、ソクラテスの死……。でもはっきり書きます、[第5講]「魂の不滅性」についてのプラトンの見解、読む必要はなかった。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました