終活を考える

スポンサーリンク
終活を考える

死とは何か イェール大学・完全版要約[第14講]死に直面しながら生きる

「人生の意義は何か」は、最も重要な疑問かもしれませんが、「死」とは何かのこの本ではなく、別の本にふさわしい問題だと著者シェリー・ケーガンは言っています。だから、この本が哲学書であると知っていたら、買うべきではなかったのだと今は思っています。
終活を考える

「仏教の日」4月8日って知っていましたか! 念佛宗 無量壽寺とは?

読売新聞・全国版1紙だけでも約5千万円の広告費です。50,000人の人が集まり、1,000円の何かを買わないと5千万円にはなりません。
終活を考える

死とは何か イェール大学・完全版要約[第13講]広告のコピーは事実だった!

余命宣告をされた学生が“命をかけて”受けたいと願った イェール大学伝説の講義! 生はいなかったのだ、と。しかし、事実でした。今までの形而上学的な仮定の話とは違い、事実は重いです。
終活を考える

紗倉まな、AV女優なのになぜ高齢者を主人公にした小説が書けるのか?

紗倉まなさん、AV動画に自ら出演して、客層やその心理まで把握し、文芸小説も書いてしまう。26歳とは思えない才能の持ち主です。彼女の書評を見ても、高専時代から本が好きで、その感性はかなり高かったようです。それにしても、紗倉まなさん、こんなに可愛い顔してなんでAV女優に?
終活を考える

死とは何か イェール大学・完全版要約[第12講]死が教える「人生の価値」の測り方

快感−痛み=「+ 」or「−」。過去を振り返っても、これからの未来を考えても、人生の物事を単純に「快感」と「痛み」に明快に区別することはできません。だから、この[第12講]死が教える「人生の価値」の測り方などあるわけがありません。
終活を考える

死とは何か イェール大学・完全版要約[第11講]不死—可能だとしたら

不死、「仮定」の話はもういいのです。「不死」というと、どうしてすぐ「永遠の生」となるのでしょうか? そして、「不死」になったら、次に「退屈」の問題が出てきます。永遠に生きていれば、なんでもやり尽くし、最後には何をしたら良いかわからなくなってしまう、といった流れです。
終活を考える

死とは何か イェール大学・完全版要約[第10講]死はなぜ悪いのか

なぜ死が悪いことでありうるかについては、難問——まだ完全には答えが得られていない疑問——がいくつか残っていると思う。だがそれでもなお、私には剥奪説こそが、進むべき正しい道に思える。この説は、死にまつわる最悪の点を実際にはっきり捉えているように見える。
終活を考える

死とは何か イェール大学[第9講]当事者意識と孤独感—死を巡る2つの主張

私には、正直[第9講]の前半の観念論はどうでもいいと思います。しかし、後半「死ぬときは、けっきょく独り」もあまり得るものがありません。ただ一つを除いて。「私たちはみな独りで死ぬ」という主張は、心理にまつわるもの。
終活を考える

丸山ワクチンの真実3。オプジーボとの併用で「がん」1割以下に縮んだ!

丸山ワクチンオプジーボとの併用「がん」1割以下に縮小。集中連載の最終回は、ノーベル賞受賞で注目される「オプジーボ」との併用についてです。2つの免疫薬は相乗作用し、がんを1割以下にまで縮小させる劇的な効果を及ぼした。
終活を考える

死とは何か イェール大学[第8講]死の本質

死とは何か。私が死んだのはいったいいつ? 科学の観点から解明するべき詳細はたくさんあるかもしれない。だが、哲学の観点に立つと、ここでは何一つ謎めいたことは起こっていない。身体が作動し、それから壊れる。死とは、ただそれだけのことなのだ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました