終活を考える

スポンサーリンク
終活を考える

身近な人が亡くなった後の手続のすべて

今日はお彼岸。実際に身近な人が亡くなった場合は、きっと感情がなかなか整理できないであたふたするに違いない。だから、時間があるときに目を通しておきたい。
終活を考える

60歳以上のあなた、何か趣味をお持ちですか?

あらためて、あなたにお尋ねします「ことし、あなただけの春を始めませんか」余計なお世話ですが。
終活を考える

101歳のお二人の女性の本2冊

「一日に何度か空を眺める」「酔狂なことでも、書いてみる」と、高橋幸枝さん。101歳のお二人の本は、ぜひ読んで見たいと思います。
終活を考える

ファミーユの家族葬「未来ノート」

ファミーユの資料、到着。カタログの内容も、説明過多になっていない簡潔な内容です。「家族葬」を理解するのに必要十分です。
終活を考える

怖いけど、臨終 お迎え・兆候を考える本5冊

『臨終の七不思議』『なんとめでたいご臨終』『三途の川の七不思議』の3冊を、私は読んでみたいと思います。感想文書きます。
終活を考える

エンディングノートと家族葬

1/6(土)新聞テレビ欄の突き出し広告 〈終活に役立つ「エンディングノート」差し上げております〉 こんな広告が、新聞ではよく見られるTV番組面にありました。終活が、いかに一般的に関心を持たれてきたか分かります。 「生前相談をさ...
終活を考える

エンディングノート(市販ノート編2:4冊)

今回選んだのは、簡単に整理できるタイプ3冊と読むだけでも役にたつ詳しい解説付き最新刊(2017/9/16)1冊です。
終活を考える

永代供養墓と樹木葬・海洋葬

お墓は主に代々の家主が守っていくのが普通でした。が、核家族が進んで子供がいないなどから、今永代供養墓が注目を集めています。
終活を考える

終活 エンディングノート(市販ノート編)

基本、エンディングノートは家族に見てもらうものだから、紙のノートがいいです。評価・書評の多い2冊とちょっと変わった遺言書キット。
終活を考える

終活 エンディングノート(無料ダウンロード編)これで充分です。

遺産などないが、妻に子供に何が残せるのだろう? 何もない!このままだと死ねない…自分の生きた証とは何だろう?
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました