【検証】さくらんぼ狩り日帰バスツアーはお得!

さくらんぼ狩り

〈さくらんぼ狩り〉食べ放題!プラン

もうすぐ、うっとうしい梅雨の季節になります。しかし、〈さくらんぼ狩り〉が楽しめる季節です。日帰りバスツアープランで調べてみました。四季の旅にこんなプランがありました。

☆☆佐藤錦☆☆ 〈さくらんぼ〉狩り食べ放題!日本三奇橋のひとつ「猿橋」であじさい観賞と期間限定の山梨郷土料理のランチ付き♪

  1. 最高級〈さくらんぼ狩り〉『南陽』『佐藤錦』を食べ比べ・食べ放題!
  2. 日本三奇橋の『甲斐の猿橋』と約3000株のアジサイ遊歩道散策!
  3. 笹一酒造』にて酒蔵見学と日本酒・ワイン・ソフトドリンクの試飲体験
  4. 幸せの丘『ありあんす』にて 期間限定の山梨郷土料理の昼食
  5. ハーブ庭園旅日記』にてゆったり庭園散策

ツアー料金は、8,980円です。

このプランのツアー代金の割り振りは?

甲斐の猿橋(ウィキメディアより)

〈さくらんぼ〉1パックは、2,000円以上。

楽天市場さくらんぼ値段

品質は別にして、1パック(約500g)は、2,000〜5,000円。

こんな値段を見ると、〈さくらんぼ〉はなかなか食べられません。ましてや、腹一杯なんて夢のまた夢です。

検証、ツアー代金8,980円の割り振りを算出。

まあ、1パック3,000円の〈さくらんぼ〉を食べるとして、

ツアー料金8,980円から〈さくらんぼ〉代金を引くと、5,980円。

さらに、食事代1,500円引くとして、4,480円になります。
幸せの丘『ありあんす』にて 期間限定の山梨郷土料理の昼食
(下の食事の写真:『ありあんす』上のリンクから)

ですから、その他の観光地を回るバス代プラス4,480円になります。
このツアー代金で、〈さくらんぼ〉を腹一杯食べて、名物ほうとうランチも食べて、いろいろ観光地を巡り8,980円。とてもお得なプランだと思いませんか。
また、電車と現地路線バスやタクシーを使うと、移動代だけでも4,480円を超えてしまいます。その上、待ち時間も考えると億劫です。

自分で運転してもいいのですが、リラックスできません。酔っ払って周りの人に迷惑をかけない程度なら、お酒も飲めますよ。

だから【〇〇狩り食べ放題】の日帰りバスツアーを私がオススメする理由です。

四季の旅だけでなく、はとバス、読売旅行、クラブツーリズムなどにも〈さくらんぼ狩り〉食べ放題・日帰りバスツアーはあります。時間がなかなか取れない忙しい方は、はとバスなら毎日プランがあります。読売旅行とクラブツーリズムは、よく調べると住んでいる場所に近いところから出発するプランがあります。

ほうとくランチ

ところで、〈さくらんぼ〉が高い2つの理由

  1. 〈さくらんぼ〉は雨に弱い。
    〈さくらんぼ〉は、梅雨の時期が旬。この時期に〈さくらんぼ〉が雨に濡れて水分が実の中に入ると膨張し、実が割れます。商品としては売れません。これを防ぐには、屋根にビニールをかけハウスにします。手間とコストがかかります。
  2. 〈さくらんぼ〉の収穫は全て手作業
    さくらんぼの樹1本には5,000〜10,000個もの実がなります。この実を機械などで自動的に取ることができません。すべて手で取るのだそうです。熟し具合を見ながら、傷をつけないように一つひとつ人の手で取ります。

終わりに

6月中頃、この〈さくらんぼ狩り〉食べ放題!日帰りバスツアーに参加します。その次は〈びわ狩り〉食べ放題!日帰りバスツアーです。

スポンサーリンク
Vclub336-280




Vclub336-280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット



スポンサーリンク
Vclub336-280