インフルエンザ124万人超。O型はかかりにくい?

インフルエンザ2018

例年、A型が12月から1月にはやり、B型は2月下旬頃になります。だから、3月中にインフルエンザの流行は終息します。
しかし、今年2018年1月には、早くもA型よりB型が流行しています。医師の話では、今年のインフルエンザは、2月がピークで、例年より早く終息するかもしれませんとのことです。

A型:12〜1月流行。38度を超える高熱・関節痛・筋肉痛
B型:2〜3月流行。腹痛・下痢など

感染していても発症しない人もいますので、注意しましょう。通常発症してから5日すぎれは、人に感染させることは少なくなります。発症した人は、5日間はが増して休養してください。

インフルエンザ、感染する人、かからない人

インフルエンザにかかりやすいのは、AB型
白血球の中のリンパ球(抗体を作る)の割合は、血液型によって異なります。
O型39%、B型37%、A型36%、AB型34%。
抗体を作りやすいのがO型だからです。ということは、一般的に病気になりにくいのがO型ということになるのでしょうか。

太った人はインフルエンザにかかりやすい
太った人は口呼吸が多くなりますので、痩せている人よりインフルエンザにかかりやすいそうです。鼻呼吸は、鼻毛がウイルスをブロックっするからです。

肉好きの人はインフルエンザにかかりやすい
ビタミンDが肉より多い魚好きの人の方が、インフルエンザにかかりにくいです。ビタミンDを増やすと、インフルエンザの発症を2割減らせます。

なぜ、医者はインフルエンザにかかりにくいの?
インフルエンザの患者に毎日多数接しているお医者さんは、なぜインフルエンザにかからないの?」
誰でも、一度は疑問を持ったことでしょう。お医者さんが話していました。

  1. 医者は予防意識が高い
  2. 予防接種を受けている
  3. 「生ワクチン」を受けている?「毎日、患者さんの咳などにさらされているため、免疫抗体ができているのです」患者さんの咳が、「生ワクチン」になっているというのです。

インフルエンザ、今できる5つの予防法

  1. 十分な栄養と休養を取る
  2. 適度な湿度を保つ
  3. 外出後の手洗い
  4. 人混みを避ける
  5. マスクの着用(帰宅後、マスクは玄関で外す。マスクの表面は触らない)

また、外出でのトイレのハンドドライヤーは使わずハンカチを使う。なぜなら、ウイルスがついた水滴が器具に付着しているかもしれないからです。

最後に

私はA型でさ魚好き、人混みに出かけるkとも少ないです。ですからでしょうか、インフルエンザにかかっらことはありません。

スポンサーリンク
Vclub336-280




Vclub336-280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット



スポンサーリンク
Vclub336-280