手のお清めと参拝の作法

明日は、お正月です。今まではいい加減な手のお清めをしていました。また、お願いごとも、ずうずうしく自分の勝手ばかり願っていました。これでは、神様だって呆れて、力を貸してくださるはずはありません。

そこで。今更ですが手水と参拝の作法を調べてみました。お役に立てば、幸いです。では、さっそく始めます。

鳥居をくぐる際は、軽く一礼をします。
ここで注意したいことは、参道の中央を歩いてはいけません。なぜならば、中央は神様が歩かれるからです。
しかし、混雑している時は、神社の指示に従いましょう。

神社がお祀りしている「神様の名前」だけは、事前に覚えておきましょう。
お願いするとき、最初に必ず「〇〇〇〇〇〇〇様」とご挨拶します。

手水(ちょうず・てみず)の作法

お参りする前に、水の霊力で心身を清める禊ぎ(みそぎ)です。
神様の御利益をいただくためには、自らの心身を清浄にします。

まず、軽く一礼します。

  1. 右手(または両手)でひしゃくをとり、水をくみます
  2. 左手を洗い清めます
  3. ひしゃくを左手に持ち替え、右手を洗い清めます
  4. ひしゃくを右手に持ち替え、左手で水を受けて、口をすすぎます
    ※ひしゃくに口をつけてはいけません。
  5. もう一度、左手を洗い清めます
  6. 最後に両手でひしゃくを立てて、柄に水を流し清めます
  7. ひしゃくを伏せて、元の場所に置きます
  8. (この後、口と手を軽く拭きます←拭いてはいけないとの説もあります)
  9. 最後に軽く、一礼します

参拝の作法「二拝二拍手一拝」

「二礼二拍手一礼」ともいいます。初詣、お宮参り、七五三の時も同じですので、覚えておきましょう。

  1. 姿勢をただし、賽銭箱に賽銭を入れます
  2. 鈴を何度か鳴らします
    (鈴がないお宮もあります)
  3. 二度深くおじぎをします
  4. 手を合わせ、右手を少し下げ二度拍手します
  5. そして、右手を戻します
  6. 最後に一度深くおじぎします。

お願いの仕方

  1. はじめに、神様のお名前「〇〇〇〇〇〇〇様」とはっきり呼びかけます。
  2. 簡単な自己紹介をします
    自分の住所、家族構成、自分の職業など
  3. お願いごとをします

自分のお願い事をずうずうしくするのは失礼になります。自分の決意と努力を神様に見てもらい、見守ってもらうという姿勢が大事だと思います。たとえば、次のようにお願いします。

「〇〇〇〇〇〇〇様、私は△△出身の△△△と言います。家族は妻と子供が二人います。このたび、新規事業をはじめます。日々、努力し精進いたします。なにとぞ、お力をお貸しください。よろしくお願いいたします」

※毎年同じ神社にお参りしている方は、挨拶の仕方もそれなりに変えてください。

スポンサーリンク
Vclub336-280




Vclub336-280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット



スポンサーリンク
Vclub336-280