〈一望百景〉新聞広告は販売サイトより1300円もお得!

一望百景の読売新聞広告

ちょっと見は週刊誌、特に「健康雑誌」のような広告です。
ですが、明らかにサプリメント広告。それも目のサプリメント広告です。
2018年5月30日にも、同じ広告が新聞に掲載されていました。

新聞広告は、ズバリお得な広告が多い!

今いろいろなサプリメント販売のサイトでは、「初回割引」「初回半額」「初回000円」など定期購入すれば初回だけは特に安くなります。しかし、新聞広告の方が、販売サイトよりかなり安い場合が多いのです。
この他にも、新聞広告では「一家族1回」「お一人様一回限定」とかの条件がありますが、時々「無料お試し」があります。

この〈一望百景〉も、検索して調べると、販売サイトでは1800円ですが、この広告では500円とお得です。

また、サントリーのサプリは、ほとんど1ヶ月分無料です。新聞に入っている「折り込みチラシ」をよく見ていると、たまに入っていますので注意してください。

以下は、私が今思っている目のサプリの整理の一部です。

目のサプリの3つの要素

  1. 目のピント調節で、視界クッキリ系
  2. 目の栄養、よく言われるブルーベリー系
  3. パソコンのブルーライトから目を守る系

いま、私は「目のサプリには何がいいのか」思案中です。それで、目のサプリのメリットを3つに分けて考えていました。毎日パソコンの前に10時間近くいる私の場合、「3.  パソコンのブルーライトから目を守る系」が一番気にかかっています。

それで、この〈一望百景〉広告を見ると、目に良いとされているブルーベリーからアントシアニンルテイン、最近話題になってきた「フコダイン」という文字が出てきます。その原料が、全部沖縄伝承食材であるという訴求です。
「フコダイン」とは=体を内側から刺激して抵抗力をサポートする

一望百景

〈一望百景〉は、目のサプリ・オールマイティ?

この〈一望百景〉の広告には、「手元で読書を楽しめる!」と書いてありますので、目のサプリの3つの要素が全部が入ってることになります。だから、ちょっと気になって記事にしてみました。

〈一望百景〉を検索してみて出てきた販売サイトでは、

ルテイン20mg配合

と、ルテインを一番に訴求しています。ルテインの推奨量は、1日当たり6mg〜20mg。健康な人で6mg、加齢によりすでにかなり減少してしまった人で20mgです。ですから、【ルテイン20mg配合】は、われわれ熟年にはうれしい数字です。

  • 紅イモ「アントシアニン」
    防疫上の理由で沖縄県外への持ち出しは禁止されている希少な種類のイモです。真っ赤に色づいたイモはアントシアニン豊富な証拠。北欧産ブルーべリーとは違う、新しい日本生まれのアントシアニンです。
  • カンダバー「ルテイン」
    カンダバーとは、イモの葉っぱのこと。沖縄では、力ンダバーが日常的に食されます。沖縄の強い紫外線を浴びて育ったカンダバーには、ルテインが豊富に含まれています。
  • 沖縄もずく「フコイダン」
    沖縄の代表的な健康食材、もずく。全国で流通するもずくの99%が沖縄産だと言われています。独特のねばねばを形成する成分フコイダンは水溶性植物繊維の一種で、様々な健康力を持つことが知られています。

【ゆがみ・かすみ・乾き】くっきり!!ブルーベリーとは違う!

終わりに

この『一望百景』が気になった方は、まず新聞広告のフリーダイアルで一袋500円で買います。その後、自分の身体に合えば、以後は『一望百景』販売サイトで買えばいいと思いました。私は、試してみようかと考えています。

スポンサーリンク
Vclub336-280




Vclub336-280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット



スポンサーリンク
Vclub336-280