ず〜っと気になっていた「なた豆」

なた豆

5メートル、とてつもなく大きい「なた豆」

どう見ても熱帯地方の直物ですね。豆の大きさだって半端じゃなくて3cm、そら豆よりはるかに大きい。丈は5メートル以上も成長するそうです。

今から400年以上前の中国・明朝時代に「本草網目(ほんそうこうもく)」の中で、『なた豆は腎を益し(肝臓の働きを高め)、元を補う植物である。』として紹介されています。

南九州中心に栽培されてきた「なた豆」

江戸時代初期に大陸より伝えられ、江戸時代中期には南九州を中心に広く栽培をされてきました。以前から漢方薬として知られており、近年では健康食品、健康茶、歯磨きの原料として一般的に知られるようになりました。

食用とするのは白なた豆といわれる品種です。豆類全般にいえることですが、なた豆にも「毒」があります。赤なた豆、高なた豆・タチなた豆には毒が多いそうです。健康茶などには、どの「なた豆」が原料になっていか確認する必要がありますね。また、メッセージ缶(観賞用など)に用いられるものは、食用に適さない品種が使われており、食べることはできません。

カレーに欠かせない福神漬けの材料には、ウリ・レンコン・シソ・カブ・ナス・ダイコンそして「なた豆」が使われています。また、イギリスの童話「ジャックと豆の木」のモデルになった植物ともいわれています。

ところで、口臭は大きく分けて2種類

外的要因が原因の口臭
説明不要の餃子、ニンニク、ニラ、タバコ、ラッキョウ、ネギ、アルコール。

内的要因が原因の口臭
意外に気づかない口臭の原因は虫歯。
虫歯菌によって、歯に穴が開いて、そこにか食べ物のカスがつまると、細菌が繁殖して歯垢となって口臭を発します。さらに、虫歯が進行すると、腐敗臭まで発します。

なぜ今、「なた豆」を使った歯磨き粉か?

「なた豆」特有のアミノ酸「カナバニン」。薬効としては、血行促進や免疫力の向上などのさまざまな効果があるほか、昔から膿を出す妙薬といわれており、腎臓に良く、蓄膿症、歯周病や歯槽膿漏の改善に効果があります。

—————〈広告〉—————

自分で一番わかりにくい臭い。それは「口臭」です。
「旦那の口が臭くて困ってるのよ」
と、言う奥様。ご自分の口臭に気づいていますか?

歯磨き粉を変えただけで、こんなに結果が違うなんて…。
7億3776万mgの快挙を達成!「楽天ランキングNo.1」の「なた豆」歯磨き。

→【伝統爽快なたまめ歯磨き粉】はこちら

ハッカ油とスペアミント油を加えていますから、爽やかな爽快感で磨けます。
自然素材だけを使用していますので、お子さんでも使えます。
塩は使用していませんので、ピリピリ感はありません。

なた豆歯磨き粉の「誕生秘話」が面白いので、載せておきます。
社長の口臭のために開発したとあります。いい社員ですね。

「なたまめ歯磨き粉」誕生秘話

南九州を旅行で立ち寄った時のこと。広大な土地に青々とした豆畑が。ちょっと興味があり、車から降りて、なんの畑か農家さんに尋ねると「なた豆」の畑だと教えてくれました。よくよく見ると青々とした葉っぱと蔓の間に想像以上の大きな豆がたくさんぶら下がっているではありませんか。枝豆の100倍はあるんじゃないかというほどの大きさ。私の腕と同じくらいありそうです…。

その姿がまるで刀や鉈のようであることからなた豆(刀豆・鉈豆)と名付けられたそう。確かに刀みたいです。中を割って豆を見せて頂いたのですが、豆もまたデカい!自分が小さくなったように錯覚するような感じでした(笑)

なんと、この豆が口内のグズグズやネバネバで脳んでいる人に非常によいそう。この地域の人たちは昔から愛用しているとのこと。

実はわが社の社長。コーヒーとタバコが大好きでして…。それも、タバコを吸いながらコーヒーをすするあの一時が本当に幸せなんだとか。私自身は、どちらもやらないので興味はないのですが、社長がこの一時の後に戻ってきた後の口具がものすごくて…。どちらも臭いが強いのに、両方の不の相乗効果でものすこいことになるんです。で、このなた豆に出会った時に社長のために歯磨き粉を作ろうと社員一同で意見が一致したんです。(こういう時だけは一致団結力半端ないです!)

試作をしながら気付いたことは、様々な自然由来の素材との相性が抜群ということ。こっちはプラスの相乗効果でどんどん良くなっていく。こんなに良くなるなら、賢沢にいいものは何でも入れて、社長のロ具が逃げていくような凄いものを作ろうと全国を駆け回り口臭や口内の浄化に役立つ白然素材を調達しました。国産のなた豆をはじめ、佐賀県嬉野産の茶葉、国産の柿渋エキス、国産のドクダミ、プロポリスなどなど。これでもかと有効成分を取り入れて出来上がったのが「爽快なたまめ歯磨き粉」です。みつばちロードのこだわりである自然と伝承の力を最大限に引き出した商品となりました。もちろん、無香料、ノンパラペン!

さっそく、社長が至福の一時から帰ってきたところを狙って、「社長歯磨きお願いします!」と女性社員にお願いしてもらい、歯磨きをしてもらうと…、なんとあの想像を絶する臭いがしない!社内に「ワ〜〜〜」という歓声が。社長はもちろんキョトン。事情を説明すると、笑って結得してくれました。しかも、至福の一時の後は必ず歯磨きをしてくれる約東まで(笑)。ロ臭について社長もちょっと気にしていたんですね。

→【伝統爽快なたまめ歯磨き粉】はこちら

スポンサーリンク
Vclub336-280




Vclub336-280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Vclub336-280