死とは何か イェール大学[第1講]死について考える 裏切られた⁉︎

死とは何か イェール大学[第1講]死について考える 裏切られた⁉︎

死とは何か[第1講]死について考える

裏切られた!死とは何か、この本は哲学書であった。

漠然と読みたいと思っていた理由は、見事にこの[第1講]死について考えるで裏切られました。別に哲学を学ぶために、この本を買ったつもりはなかったからです。

20歳前の私は、プラトン、デカルト、ルソー、ショーペンハウエル、ニーチェ、カント、サルトルなどちょっとかじっていました。大学で正式に勉強したということではありません。ただ単に興味があっただけです。特に、プラトンとニーチェは好きでした。ニーチェの『悲劇の誕生』のギリシャ悲劇論と『ツァラトゥストラかく語りき』には影響されました。

だから、形而上学的な「死とは何か?」ではなく、実存的な「よく生きるとは何か?」に関心があったのです。そして、教師になろうと思っていましたが、よく生きるとはから、大学へ行くことはやめて、まず実社会で生きてみようと思ったのです。

ところが、いつのまにか、「死」とは何か、「よく生きるとは何か?」など考えることはなく生きてきました。だから、67歳になった今、死を身近に感じ始め、「死」とは何かの本に興味がずっとあり、とうとう手にしたのです。

そして、あろうことか![第1講]最初の1、2ページでみごとに裏切られました。

それは、私が死んでいくこと、動けなくなった時の生き方など、漠然とした老後の体を考えていたからです。

→ 死とは何か イェール大学[第1講]死について考える 裏切られた⁉︎【全文へ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました