死とは何か イェール大学[第2講]二元論と物理主義

死とは何か イェール大学[第2講]二元論と物理主義

「死後の生」はあるだろうか?

誰もが身体が死んだら、もう呼吸もしないし、立ち上がることもしないし、最終的には腐るだけ、いや今は火葬されて骨になるだけです。このことはみな真実と分かっているので(納得しているので)、上の問いはこうなります。

自分の身体の死後も、私は存在しうるだろうか?

 この疑間に答えたければ、まず、[私とは何か」について、もっとはっきりさせておく必要がある。
なにしろ、人間が自分の身体の死を生き延びられるかどうかは、(少なくとも部分的には)人間がどのように「構築」されているか、すなわち、人間は何からできているか、人間の構成要素とは何かにかかっていると考えるのが理にかなっているのだから。
私たちは、人問とはいったいどういうものなのかを知る必要がある。哲学の専門用語では、これは「人間の形而上学についての疑問」という。

二元論と物理主義

この疑問については、二つの基本的な立場があります。

  1. 二元論:人間=身体+心(魂)
  2. 物理主義:人間=身体

→ 死とは何か イェール大学[第2講]二元論と物理主義【全文へ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました