死とは何か イェール大学[第3講]魂は存在するか? SFドラマからの感想

死とは何か イェール大学[第3講]「魂」は存在するか?

「魂」の存在は、どうしたら信じられるのか?

【考察】魂の存在を信じるべき正当な理由があるか?

この[第3講]「魂」は存在するか?を読んでいると、同じような考察が何回も出てきます。正直、この[第3講]は読まなくても、[第2講]で十分だったかもしれません。読んでいる時は、なんとなく分った気になりますが、読んでしまうと、1つの考察しか印象に残りません。それは、目次にもある次のことです。

私たちの身体は、いったい「何」がコントロールしているか?
——魂の存在証明への挑戦——

SFドラマ「ウエストワールド」とSF映画「ブレードランナー」

そして、この[第3講]を読んでいると、SFドラマ「ウエストワールド」とSF映画「ブレードランナー」を想起してしまいます。特に、「ウエストワールド」に登場するゲスト(人間のお客)とホスト(アンドロイド)の関係を思い出させます。

「ウエストワールド」とは、は西部劇のアトラクションワールド。保安官、ならず者、酒場の娼婦、娼婦のマダム、牧場主、騎兵隊、インディアンなど多くのホストが出てきます。人間であるゲストは高いお金を払って入場します。

そして、自分の好き勝手ができるのです。ホストを殺すことも、強姦することもできます。殺されたホストは、人間と同じように血を流し、死にます。しかし、回収されて、一切記憶を消され、また「ウエストワールド」の中に戻り、同じ役(設定)を演じます。

このホストとは、人間と全く同じようなアンドロイドで、感情や意思を持っているように見えますが、すべて研究室によって創られているのです。

ところが、殺されたあるホストの中に、記憶が消されても覚えているものも出てきます。彼らは、意思を持ち始めたり、それとも誰からそう設定されているのか?

ようは、私たちが魂を持っていて、自分の自由意志で生きていると思っていても、実はそれは身体機能の現れであり、魂を考えなくても問題ないとシェリー先生は[第2講]と同じ考察をしています。

→ 死とは何か イェール大学[第3講]魂は存在するか? SFドラマからの感想【全文へ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました