死とは何か イェール大学[第7講]魂説、身体説、人格説ーどの説を選ぶか?

[第7講]魂説、身体説、人格説ーどの説を選ぶか?

[第7講]魂説、身体説、人格説——どの説を選ぶか?

[第6講]であげた人格の同一性についての説の、魂説、身体説、人格説のどれを選択すべきか?
[第7講]は、302〜367pで3/4ページを占めていますが、全く読まなくてもいい内容でした。SF世界での空想の考察話です。今は、まだまだ現実にはありえません。

あなたと、向こうにある女性がいます。ふたりの人格を交換してから拷問をする場合、女性の身体に写っているあなたに尋ねます。
「どちらの身体を拷問しますか?」
「私がいた元の身体を拷問してください」が答えだと思います。

では、あなたと女性の人格をすべて消し去って、拷問するとしたらどちらを選びますか?
「女性を拷問してください」
と、答えると思います。元の身体にいるのはあなたなのですから。

また、ナポレオンの人格が別の人(身体)に移ったとしたら、その別の人は果たしてナポレオンであるのか? さらに、二人の別の人(身体)にナポレオンの人格が移ったら、二人ともナポレオンであるのか? 否か?

様々な条件で考察していますが、形而上学は「いかに生きるか、いかに死ぬか?」悩んでいる人にとっては、SFのような仮定の話を聞いてもなんの意味もありません。

→ 死とは何か イェール大学[第7講]魂説、身体説、人格説—どの説を選ぶか?【全文へ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました