死とは何か イェール大学[第8講]死の本質

死とは何か イェール大学[第8講]死の本質

[第8講]死の本質 シェリー先生の哲学的回答

27ページしかない[第8講]死の本質。[第7講]の最後でいよいよ聞きたい話になるかなと思ったのですが、あい変わらず、身体説では〇〇、人格説では△△、という話ばかり。なので、最後のシェリー先生の哲学的回答をあげておきます。

 科学の観点から解明するべき詳細はたくさんあるかもしれない。だが、哲学の観点に立つと、ここでは何一つ謎めいたことは起こっていない。身体が作動し、それから壊れる。死とは、ただそれだけのことなのだ。

人間の誕生から、いわゆる死までの考え方

私が死んだのはいったいいつ?

図:誕生から死までの過程

【A】誕生から、まだ「私」自意識を持たない期間
【B】
人間しての人格を持った人間
【C】
【B機能】Body=Bで、心臓は鼓動し、肺は呼吸し、胃腸は食物を消化するなどの体の機能
【P機能】Person=Pで、考えたり、愛したり、意思疎通をしたり、物事を認識したりする機能(人格)

普通は、「✳︎」が死んだ時点です。

 きちんと機能している人間の身体について考えてほしい——たとえば、みなさんの。みなさんの身体は、現在じつにさまざまな機能を実行している。単に食物を消化したり、身体をあちこちに移動させたり、心臓を拍動させたり、肺を広げたり縮めたりといった機能もある。それらを「身体機能」、略して「B機能」と呼ぼう。もちろん、それ以外にももっと高次のさまざまな認知機能があり、それを私は「P機能」と呼んできた。さて、おおざっぱに言って、身体の機能が停止したときに人間は死ぬ。だが、機能と言っても、どの機能のことだろう? B機能か、P機能か、はたまたその両方か?

P機能」は喪失していても、身体の「B機能」は機能している場合、つまり昏睡状態や「脳死」の場合はどうなるのか?

→ 死とは何か イェール大学[第8講]死の本質【全文へ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました