死とは何か イェール大学[第9講]当事者意識と孤独感—死を巡る2つの主張

[第9講]当事者意識と孤独感

主張①誰もがみな、“自分が死ぬ”ことを本気で信じてはいない

 私の身体はいずれ壊れる——これまで無数の身体が壊れてきたように。そして私は死ぬ。実際、人は誰もがやがて死ぬというのは常識だと思う。私たちはみな、それを承知している。あるいはそう見える。
ところが、その考え、つまり誰もがやがて死ぬことを私たちはみな知っているという考えが否定されることもある。それどころか、どういうわけか何らかのレベルでは、誰も自分がやがて死ぬなどとは本気で信じていないと言う人もこれまでにいた。これはなんとも驚くべき主張ではないか。そう信じるような真っ当な根拠があるのだろうか?

 みなさんは意識ある人生のうち、死んだらなくなるのがわかっている部分をあれこれ削ぎ落とすところから始めるかもしれない。何も聞こえない、何も見えない、何も考えない、などという具合に。それから、考えないとか、感じないとか、聞こえないとか、見えないとかいうのがどのようなことなのか、想像しようとするかもしれない。すると、うまくいかない。だからお手上げになって言う。
「ああ、死んでいるとはどういうことなのかは、どうやらわからないらしい。想像できません。謎です」

根拠①「死んでいる自分」を想像できないから

著者シェリー・ケーガンは、死んでいる自分を容易に想像できると言います。病気、事故などでベッドに横たわり、やがて身体の呼吸などのB機能が停止します。誰でも、このような場面は想像できると思います。

「死んでいる自分」を想像できないから、「死」は信じられないという論理は成り立たないと思います。夢を見ない睡眠、気絶している自分を想像することができなくても、夢を見ない睡眠、気絶はあるからです。

 「自分の身体が死んでいるのを想像することには成功するかもしれませんが、自分、つまり人格を持った人間が死んだところは、けっして本当に想像していません。したがって、信じるには思い描くことが必要であるという前提を踏まえれば、私は自分がいつか死ぬとは、本当には信じていないということになります。死を想像できないからです」
この種の主張には、さまざまな場所で出くわす。一つだけ紹介しよう。ジグムント・フロイトの文章だ。ある箇所でフロイトは、次のように述べている。

『けっきょく、自分自身の死は想像しようがなく、想像しようとするたびに、自分が傍観者として本当は生き延びていることが見て取れる。したがって、精神分析の学派では、あえて断言できるだろう。心の奥底では誰一人自分が死ぬとは信じていない、と。あるいは、同じことなのだが、無意識の中で、私たちの誰もが自分は不滅だと確信している』と。

そもそも、「信じるには思い描くことが必要であるという前提」がおかしいのです。別に、信じるのに必ず想像できることが必要ではありません。

→ 死とは何か イェール大学[第9講]当事者意識と孤独感—死を巡る2つの主張【全文へ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました