死とは何か イェール大学・完全版要約[第10講]死はなぜ悪いのか

飼い猫の死

死とは何か[第10講]死はなぜ悪いのか(要約)

 存在しないのがどうして私にとって悪いことでありうるのか? なにしろ、存在しないというのは、文字どおり、存在しないことにほかならないのだから! 誰かが存在しないときに、その人にとって悪いことなど、どうしてありうるだろう?

「死が悪い」という定義がそもそもおかしいように感じます(感じますとは、哲学的な思考ではありませんが)。一般的には、「死は悲しい」のではないでしょうか?

では、誰が悲しいのでしょう?
死が悲しいのは、後に残された人がつらい思いをするからです。死んだ人自身は悲しくはないのです。何も感じないのですから(感じることするありません)。
また、生きている時に「死」を恐れ、家族や知人のことを思うと悲しみを感じます。

そして、魂を信じている人(二元論者)にとっては、自分の死を悲しんでいる家族、知人などを見ているから、本人も悲しくなるのでしょう。

[第10講]死はなぜ悪いのか?
[第9講]まで読んでくると、身体説の立場にあるシェリー先生の結論は、はっきりしています。だから、結論から上げておきます。その前に、明快なエピクロスの考え方も。もう、[第10講]死はなぜ悪いのか? と問うことは意味がないのです。

→ 死とは何か イェール大学・完全版要約[第10講]死はなぜ悪いのか【全文へ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました