死とは何か イェール大学・完全版要約[第12講]死が教える「人生の価値」の測り方

死とは何か[第12講]死が教える「人生の価値」の測り方

死とは何か[第12講]死が教える「人生の価値」の測り方

では、その判断を下す基準は何か?

その一つの基準が、快楽主義です。

 「それ自体のために手に入れる価値があるものとは何か? それ自体が持つに値するものとは何か?」

快感は本質的に良いものと悪いものとを並べたリストに入るもののーつで、痛みもリストに入るものの一つであるだけでなく、そのリストには快感と痛みしか載っていないと主張するとしよう。本質的に価値のある唯一のものは快感であり、本質的に悪い唯一のものは痛みだと仮定するのだ。その見方は、「快楽主義」と呼ばれる。

「それ自体が持つ〜」とはどういう位mでしょうか?
お金をあげるとすると、お金はそれ自体が持つ良し悪しではありません。しかし、お金があれば、人生を楽しむことができます。反対にお金がなければ貧困に苦しみます。

その点、本質的に価値のある唯一のものは快感であるとすると、
人生の良し悪しは、次の数式で考えられます。
快感−痛み=「+ 」or「−」
「+ 」なら、人生は生きるに値する
「−」なら、死はけっして悪くはない

と、過去を振り返っても、これからの未来を考えても、人生の物事を単純に「快感」と「痛み」に明快に区別することはできません。だから、この[第12講]死が教える「人生の価値」の測り方などあるわけがありません。

→ 死とは何か[第12講]死が教える「人生の価値」の測り方【全文へ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました