死とは何か イェール大学・完全版要約[第13講]広告のコピーは事実だった!

[第13講]「死」にまつわる6つの問題

死とは何か[第13講]
私たちが死ぬまでに考えておくべき、「死」にまつわる6つの問題

正直、私は[第12講]まで読んできて、この本『死とは何か』の広告コピーはコピータイターが考えたものだと思いはじまていました。

余命宣告をされた学生が“命をかけて”受けたいと願った イェール大学伝説の講義!

こんな学生はいなかったのだ、と思い始めていたのです。
しかし、[第13講]でその事実が出てきました。次の項目の中で。

4 人生の「形」が幸福度に与える影響
「あなたの余命はあと1年です」——そのとき、あなたは何をする?

なんとも考えさせられた事実です。今までの形而上学的な仮定の話とは違って事実は重いです。だから、その箇所を長いですが、引用しておきます。

 もし、あと1年か2年しか残っていなかったら、みなさんはその時間で何をするだろう? 学校に行くか? 旅行に出るか? 友人たちともっと時間を過ごすか?

この疑問に直面しなければならなかった人の、並外れて感動的な例が、私がイェール大学で教えている死についての講座で見られた。数年前、その講座には死を目前にした学生がいた。本人も自分が死ぬことを知っていた。一年生のときに癌という診断を受けていたのだ。医師は、回復の見込みがないに等しいことを告げ、しかも、あと2年しか生きられないと伝えた。そうと知った学生は、自問せざるをえなかった。

「さて、残された2年で何をするべきか?」

→ 死とは何か イェール大学・完全版要約[第13講]広告のコピーは事実だった!【全文へ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました