死とは何か イェール大学・完全版要約[第14講]死に直面しながら生きる

死とは何か[第14講]死に直面しながら生きる

死とは何か [第14講]死に直面しながら生きる

やっとこの[第14講]で、期待してきた答えがあるのかと思っていたのですが、この本が哲学書であると知っていたら、買うべきではなかったのだと今は思っています。「人生の意義は何か」などの問題は、この本の範囲外のことだと著者シェリー・ケーガンは述べています。

「死」を考える、それも哲学的に「死」を考えるのには、正直嫌気を感じてきています。ですから、この[第14講]は著者の考察を簡単に追ってみます。

そして、死とは何か[第15講]自殺で、最後です。

死に対する3つの立場

『死とは何か』の著者シェリー・ケーガンによると、人間には魂はなくただの物体で、死を迎えると、すべて消滅してしまいます。だから、死んだ人間にとっては、何も感じるべきことはなく(感じる実体がないのだから)、死とは良いことでも悪いことでもありません。

私たちはその事実に対して、次の3つの立場のどれかをとります。

  1. 否定する←いや魂がある、しかも肉体はいずれ復活する(キリスト教)
  2. 対応する←死を考慮に入れて、いかに生きるべきか?
  3. 無視する←死は考えない(「考えるべき」だという倫理観は別に)

では、「死」に対する恐れ、怒り、悲しみは?

→ 死とは何か イェール大学・完全版要約[第14講]死に直面しながら生きる【全文へ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました