愛妻の日のプレゼント Best 5

愛妻の日

1月31日は愛妻の日

1が「I(アイ)」、3(サ)1(イ)で、愛妻の日です。2006年から始まりました。

昭和生まれのあなたへ

素直に感謝の気持ちを伝えるのは苦手だと思いますが、せめてこの日は奥さんに何かプレゼントしましょう。感謝の気持ちを込めて、手紙、いや一行のコメント・カードをつけるのもよいかと思います。

日比谷花壇による愛妻の日プレゼントBest 5

  1. 花束
    花屋さんが選んだベスト5ですから、とうぜん花束が一番にきますよね。でも、バラの花束はやはり無難です。色は真っ赤なバラではなく、淡いピンクなら落ちついていて、長年連れ添ってきた奥さんにはピッタリかもしれません。奥さんの好きな花を贈るのが一番いいのは言うまでもありませんが。あなた、奥さんの好きな花、知っていますか?
  2. 外食
    ふだん一緒に食べられない夫婦、粗食な夕食を食べている二人には、これは大きな感謝の気持ちを表せるイベントとなります。私は、これを選びます。
  3. アクセサリー
    これは、ちょっとハードルが高いかな?でも、そんなに高いアクセサリーでなければ、ホワイトデーや結婚記念日などよりプレゼントしやすいかもしれません。
  4. 手紙
    メールの時代、手紙を書く習慣がなくなってきました。ですから、奥さんに手紙を書くことは、かなり奥さんにインパクトを与えます。やはり、単独の手紙はちょっとというあなた、花束やアクセサリーに手紙を一緒に添えることもいいです。特に、普段恥ずかしくてなかなか言葉で気持ちを伝えることができない方は、手紙を活用しましょう。昭和生まれの男は手紙を書くことは苦手ですが、手紙が書ければ立派な夫です。
  5. キッチン用品&手料理
    最近のキッチン用品は、オシャレな優れものが多くあります。働いている奥さんなら、きっと喜んでくれるはず。いっそ、腕をふるって奥さんに手料理をご馳走するのもありです。

愛妻の日の由来

日本愛妻家協会(2005年発足)は、
1月31日を、愛妻の日とすることを宣言します。
「妻という最も身近な他人を大切にする人が増えると、
世界はもう少し豊かで平和になるかもしれないね」
事務局長:山名清隆

この日本愛妻家協会は、妻に花を贈ろう計画、たまにハグしよう計画、妻に愛を叫ぼう計画などのイベントを進めています。

「男の帰宅大作戦」とは!?
地球環境もそうですが夫婦環境も何かと大変です。1月31日の「愛妻の日」は早く帰って妻にありがとうとってみようという「男の帰宅大作戦」を展開してかれこれ3年。ことしはそれに「花」を加えてみようと思います。花を持って妻にありがとうといってみるのはかなりサスティナブル効果が高そうなので、ひとまずみんなで実験です。

サスティナブル効果:持続可能であること、とくに環境破壊をせずに維持、継続できるという意味の英語

最後に

そして、勇気を出して、照れずに、奥さんの目を見つめて「ありがとう」と言ってみましょう。緊張してきた〜!

スポンサーリンク
Vclub336-280




Vclub336-280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット



スポンサーリンク
Vclub336-280