「ベルギー vs 日本」ロスタイム残り1分、ロストフの悲劇

「ベルギー vs 日本」3-2

8強ならず、ロスタイム残り1分の悲劇

モスクワから南へ約1000キロ、ロストフ・ナ・ドヌ(ドン河畔のロストフ)の街に新たに建設されたロストフ・アリーナ。
今後、日本がW杯で8強に入るまでは、「ロストフの悲劇」と呼ばれるかもしれません。

1993年10月28日、カタールの首都「ドーハの悲劇」が想い出されました。試合後のラモス選手らのうなだれたピッチに座り込んだ姿と全く同じ光景がそこにありました。

勝ち切る力とはなんなのか?

「善戦することだけではなくて、勝ち切らなければいけない。勝ち切りたい」
と、試合後の西野監督インタビュー。

前半は0-0。いいぞ、いいぞ!

ベルギーにボールを支配されていましたが、プラン通り?私は安堵しました。

後半7分で2−0と日本リード

48分、原口の速さが光った先制で(1-0)
52分、乾のワールドクラスのミドルシュートで追加点(2-0)。

まだ時間は十分にありましたが、日本(2-0)で、「これは勝てるかも」と日本中のサポーターは思ったに違いありません。
ベルギー10番アザールは、明らかに苛立っていました。FWルカクも抑えられていましたので、私は(3-0)もあり得るかと。

ところが……

流れが変わったベルギーのラッキーな1点目

69分、乾のクリアミスからシュートではないヘディングの山なりのセンタリングが、ゴール左隅に入ってしまいました。ベルギーにはラッキーな1点。ディフェンスと川島の位置がやや右寄りに動いていたので、これは仕方のないことと頭を切りかえるしかありません。
74分、ベルギーのセンタリングから長身のヘディング同点ゴール(2-2)。これは、ベルギーの交代の狙い通りでした。

ロスタイム残り1分「ロストフ悲劇」

アディショナルタイム残り1分で、これは延長戦。ひょっとすると「スペイン vs ロシア」の再現で、

「これは、PK戦で勝ちもありか!」
と思った瞬間、相手ゴールキーパーからのキックではない手によるパスから、ものすごい速さのスーパーカウンターでベルギー勝ち越しゴール(2-3)。このゴールまでたった10秒もかからない速さには、まさにワールドクラスとはなんなのか、見せつけられました。

ベルギー、マルティネス監督のコメント

「日本を祝福しよう。彼らは完璧な試合を演じた。彼らはカウンターを有効に使い、とても堅実な戦いをした」

選手のコメント

そして、改めて「勝ち切る力とはなんなのか?」

長谷部主将
「2点先行して相手が前掛かりになるので、耐えて、カウンターのチャンスがあると思ったが、不用意なボールの取られ方、ミスが重なって、勝負の甘さが出た」

乾選手(今大会2得点。いずれも素晴らしいゴールでした)
「やっぱり悔しいですね。こういう負け方は特に悔しい」
「勝ったのは10人のコロンビア戦だけ。それ以外は一つも勝てなかった」
「勝てそうで勝てない試合がこれだけ続くと、出てないメンバーにも申し訳ないし、ファンの方にも申し訳ない気持ちでいっぱい」

柴崎選手
「日本のチーム力というか、試合展開で出せるものは出したが、相手が一枚上手だつた。2点先行してからの試合運びはもっとうまできた。惜しい試合をしたなと思う。ゲームコントロールをもうちょっとうまくできればと思う」

長友選手
「日本サッカー、改善できるところは改善して4年後に進めていく。自分にできることは全てやった。負けて悔しいけど、笑顔で胸張って帰る」

川島選手
「やることはやりきったという気持ち。個人(自分だけの)のことは考えていない。ここにたどり着くまで、一人ひとりが助け合って、こういうスピリットを見せられたことが誇り」

本田選手
「現実ですよね。これがワールドカップ。僕自身にとって最後になるんですけど。正直、自分がみんなをもう一個上のステージに連れていってあげたかったっていうのはありますけど、そこで決められないのも僕の実力。やれることはやった、ベストを尽くしたという思いはあります。仲間にはありがとうと言いたい」

「4年後は考えられない。自分のためだけのワールドカップにするなら同じような役回りで出られるかなと思ってるんですけど、日本代表は大きく前に進んでいかないといけない。次のワールドカップには出ないと思います」

終わりに

選手ならびに西野監督、ありがとう!

素晴らしい日本のワールド杯でした。勝ちに行く西野監督には、これからも監督を続行してほしいと思います。早朝3時からの観戦も、全然苦にならないワクワク感でいっぱいでした。

あと、香川と本田の連携も良く、共存ありと思いました。もう少し早く使って欲しかった。そして、柴崎も交代させずにこの3人がトライアングルを作っていたら……。

スポンサーリンク
Vclub336-280




Vclub336-280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット



スポンサーリンク
Vclub336-280