コロナエンブレム登場、東京オリンピックエンブレムにまたまた災難!

コロナエンブレム

コロナエンブレム、東京オリンピックエンブレムにまたまた災難!

日本外国特派員協会の会員向け月刊誌「NUMBER1 SHIMBUN」の4月号の表紙になったのが、「コロナエンブレム」です。(上の写真右)

JOC「多くの人々やアスリートの感情にも配慮を欠いている。社会的な影響が大きいと判断した。自らの品位もおとしめる行為」

当然、賛否両論の意見が出てきます。twitter #コロナエンブレムで検索すると、

コロナVで日本人が苦しんでる中、やり過ぎだろう、オリンピックが出来ない確率は高いが、、

誰がやったのか早く特定するべき。これはツイッターの悪戯などではなく、ジャーナリストによる公の組織によるものだということを勘案して賠償請求も視野に入れるべきです。

東京五輪なんざやめちまえと思ってるけど、これはデザイナーの権利侵害以外の何物でも無いし、こんな事やって悦に入ってる外国人特派員協会は、クソの集まりだと言わざるを得ねえな。

精神疾患の疑いがあるから作った人は早く病院に行った方が良い
皆が憤怒する面白い作品が出来たぜ!とか思ってるのかな?
ただの世界平和への侮辱である
コロナで五輪が無くなり気落ちしている人を見て喜んでるんだろうなぁ

(朝日デジタルより)

東京五輪の大会エンブレムと新型コロナウイルスをかけ合わせたデザインが日本外国特派員協会の月刊誌に掲載され、大会組織委員会は19日、協会側にデザインの取り下げを求めたことを明らかにした。組織委は「著作権法上の著作権の侵害にあたる」としている。

掲載されたのは、協会の会員向け月刊誌「NUMBER1 SHIMBUN」の4月号の表紙。毎月1日に発行され、4月号は新型コロナの特集号だった。表紙は、五輪のエンブレムに似た図柄で、新型コロナを意味する「COVID―19」の文字が記され、ツイッターでは「露骨すぎる」「風刺が利いている」などと賛否の声が上がった。

組織委は「大会エンブレムに依拠したデザインであるのは明らかだ」として「著作権の侵害にあたる」と指摘。18日までに協会側に口頭やメールで対応を求めたという。担当者は「新型コロナによって、多大な被害が世界中でもたらされているなか、多くの人々やアスリートに配慮を欠いた行為で遺憾」としている。法的措置など具体的な要求の中身については明言していない

日本外国特派員協会の月刊誌が、東京オリンピック(五輪)の大会エンブレムを新型コロナウイルスに見立てたデザインを表紙に掲載した。表紙をデザインした東京在住の英国人デザイナー、ポセケリ・アンドリューさんに、込めた思いやツイッター上の反応について聞いた。

デザインにはどのような意図があるのか。
このデザインは新型コロナウイルスが日本に与えた影響について表したものであり、そこには当然、東京五輪も含まれる。人々が抱く疑問を投影したもので、日本政府や開催都市を批判する意図はない。なぜなら私たちはまだ、最善の策について十分な知見を持ち得ておらず、政府や東京都を批判するには時期尚早と考えるからだ。
外国特派員の多くは政府を批判するよりも、読者の疑問に答えられるような情報や「真実」を提供しようとしている。このデザインが投げかけているのは「日本で今、何が起きているのか」「五輪延期の意思決定に新型コロナはどのような影響を与えたのか」ということだ。

ツイッターには「露骨過ぎる」といった投稿もある。
その指摘はよく理解できる。しかし、暗喩として五輪延期と新型コロナを関連づけるのは妥当だと思う。私はこのデザインに五輪のエンブレムを使うべきか、時間をかけて考えた。エンブレムをデザインした野老(ところ)朝雄さんには申し訳ない気持ちもあるが、デザイナーという立場で仕事をしている人であれば理解を示してくれるのではないか。

一方、東京五輪と新型コロナを関連させて東京五輪を「コロナ五輪」と呼ぶ声もある。
五輪は巨大なイベントで、批評に耐えうる対象だ。例えば、私の出身国で開かれた2012年のロンドン五輪は大会前、多くの批判を受けていた。「大会組織委員会は権力を持ちすぎている」「ロンドンは五輪を必要としていない」など。しかし、終わってみると大会は成功したと受け入れられた。その意味で、東京五輪が新型コロナと結びついて記憶されてしまうとしたら、福島第一原発事故によって日本全土が放射能に汚染されたかのようにいうのは誤りであるように、それは不幸なことだと思う。もし中止になれば、「コロナ五輪」と揶揄(やゆ)されるどころか、コロナの「被害者」となってしまうかもしれない可能性もある。

風刺にはどのような役割があるか。
このデザインはまさしく風刺だが、表紙は一つのスナップショットであり、雑誌の内容を知らせるポスターの役割も持つ。表紙は端的に伝わるものであるべきだし、ある時には新聞の政治漫画のようでもあるべきだ。(聞き手・西村奈緒美、荒ちひろ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました