【文春】【Friday】はとバスは、ブラック企業か!新宿・追突死亡事故

12月4日新宿・追突死亡事故とは?

午後6時半過ぎ、東京都新宿区西新宿2丁目の路上で、ツアー運行中のはとバスが停車中のハイヤーに乗り上げる事故が発生した。車のトランクを開けて作業していたハイヤー運転手の宮崎昭夫さん(52)が下敷きになり死亡。黄色い車体で浅草や皇居など東京の名所を巡るツアーが人気を博す、はとバスの大事故は世間を驚かせた。
事故を起こしたはとバス運転手の森聡一容疑者(37)は警察病院に搬送され、インフルエンザと診断された。

【文春】37歳運転手「はとバスが夢だった」

「観光バスの運転士になることを決めた時から、業界大手のはとバスで働きたいと思っていました」
4年前、「念願のはとバス」に転職した運転手は、採用ホームページでこう夢を語っていたそうです。

「事故前後の記憶がなく、前日から風邪気味で葛根湯を飲んでいた。
仕事に穴をあけると仕事が来なくなると思った」
と、一時釈放された森容疑者は語っている。

亡くなった宮崎さんと幼少時から付き合いのある知人女性は、こう憤る。
「昭夫ちゃんは真面目で口数の少ない性格でね。ハイヤー運転手を長く続け、数年前に父親を亡くしてからは寝たきりの母親を一人で介護しながらの生活で、大変そうでした。事故を知った母親は『あの子は私を置いて先に逝っちゃった』と泣いていましたよ。インフルエンザで運転なんて、バス会社はどういう健康管理をしていたのでしょうか」

はとバス関係者の証言
事故の兆しはあった。一ツ星〜三ツ星でバス会社の安全性を格付けする「貸切バス事業者安全性評価認定制度」で、はとバスは"降格"を繰り返していた。
「2015年に三ツ星だったのですが、乗客の骨折事故で2016年に一ツ星になり、国交省から行政処分を受けました。2017年には二ツ星に復帰しましたが、今年一月、責任者の安全講習未実施で星がゼロになり、最近一ツ星に戻ったところでした」

Friday はとバスは、かくして殺人バスになった!

はとバスは、かくして殺人バスになった!

インフルエンザでも働かせる異常な労働環境のなか、
社内不倫が横行して職場のモラルは地に落ちた?

Friday の記事は、衝撃でした。
なぜなら、はとバスを利用した日帰りバスツアーには10回以上も参加しましたから。
もし、新宿・追突死亡事故の容疑者の元同僚ドライバーの告発が事実としたら、はとバスの年末年始バスツアー商戦は多大な損害を被ることになります。

Fridayが訴えられることがあるかもしれません。とうぜん、Fridayにはその覚悟があって記事にしたのでしょうが。
(以下、Fridayの記事から)

なぜ、休めない?体調不良が追突死亡事故の原因

森容疑者の拘束時間は、1ヶ月300時間以上

国土交通省が定めたルールは、1日の拘束時間は13時間以内。1ヶ月で260時間以内が限度。森容疑者の11月は300時間を超え、1日に13時間を超える日も10日以上あったといいます。
この事実は、はとバスにとって言い訳ができないほど致命的でしょう。

はとバスに長年勤め、昨年退職した元ドライバーの証言

「はとバスのドライバーは、1日16時間近く拘束され、月に25日勤務することも珍しくありません。たとえば私が勤務していた頃の1日のスケジュールだと、朝7時に出勤して小学生を乗せ、15時までツアー。その後、夕方の定期観光ツアーに出かけ、戻ってくるのは22時半過ぎでした。途中の観光地で停車する際も、お客様の対応などに追われて心が休まることはなく、会社に戻った後はバスの清掃をして、家に帰るのは24時頃。翌朝8時には出勤しなくてはならず、睡眠時間もろくにとれませんでした。

特に辛いのは体調を崩したとき。人員削減のため予備ドライバーがおらず、代わりに上司である管理職が運転することになる。彼らはそれをとても嫌がるので、点呼のときに体調不良を申告しようものならキツイ口調で責められますし、治ってからもしつこく嫌味を言われます」

「そんな中でも、森はポジティブに仕事に取り組んでいた。森のバス運転手歴は10年ほど。はとバスに入社する前は海外旅行客を乗せるバスのドライバーをやっていて、はとバスに憧れて転職してきたんです。仕事熱心で、すごくいい仲間でした。休憩中でもバスを掃除しているようなマジメなやつなんです。森は事故を起こす日の朝に市販薬を服用していたと報道されていますが、あの責任感ある森が体調不良を言い出せなかったのは、相当なプレッシャーがあったからだと思います」

※だからと言って、人を死なせた責任がなくなるわけではありません。

はとバスは不倫の温床で、車内モラルも崩壊!

「実は、社内はドライバーとバスガイドの不倫天国でもあるんです。飲み会ではガイドの子と肩を組んだり、膝の上に乗っけて抱きついたりとセクハラ三昧。同郷の集まりで旅行に行ったときは、男たちでお目当ての子にお酒を強要し、部屋に連れ込もうとしていました。ガイドとの不倫が発覚して、奥さんとモメるのも日常茶飯事でした」

はとバス広報室の担当者は

(Fridayが)株式会社はとバスに事実確認を行うと、広報室の担当者は次のように回答した。
「16時間近くの拘束時間になることや1ヶ月25日働く月があることは事実です。ただし、労働基準法の適用範囲内でシフトを作成しております。お客さまからご意見をいただいた際、面談し事実を確認する場合がございます。その後に報告書の作成をお願いすることはあります」

※始末書を書くことにも、パワハラがつきものだそうです。

終わりに、はとバス様

私たちにとって、バスツアーは夢のある時間です。日常を一時離れて、異空間へと心弾ませます。
そんなバスツアーの運行会社の実態が悪くては、それこそ夢も希望も無くなってしまいます。

はとバス様、早く世間にしっかりとした事情説明をお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました