Y&M藤掛第一病院に家宅捜索。なんと殺人容疑!

藤掛陽生院長

それにしても、病院に殺人容疑で家宅捜索?

「殺人容疑」でということは、この事件にはまだまだ裏があるということ?
死んだ4人の方には気の毒ですが、単なる熱中症の問題だけではなく、医療ミスや前に看護婦が殺人を犯していた事件のような、とんでもない疑いがあるということだろうか?

今後も注意してみてみようか!

80代入院患者4名死亡
岐阜の病院「エアコン故障」

岐阜県警岐阜中署は28日、岐阜市一番町の「Y&M藤掛第一病院」で、26〜27日に80歳代の入院患者4人が相次いで死亡したと発表した。県警は28日夜、エアコンが故障していたのに放買し、患者を死亡させた可能性もあるとして、容疑者を特定しないまま殺人容疑で同病院を捜索。市や県も立ち入り検査を実施した。容疑を殺人とした理由について、捜査幹部は「死亡時の状況に不明な点が多く、幅広い観点で捜査するため」と説明している。
(中略)
一方、藤掛陽生院長は28日午後、報道陣の取材に応じた。死亡した4人がいた3、4階の病室は今月20日にエアコンが故障し、修理に1か月ほどかかる見通しだったため扇風機9台で対応していたと明らかにし、「対応に問題はなかった」と強調。重症患者をエアコンの利く病室に移したが、4人は移動させていなかったという。故障と死亡との因果関係を否定し、「(死亡した患者は)重い合併症で病状が急変してもおかしくなかった。4人の中には、エアコンの故障前から意識がない人もいた」と語った。
(8月29日読売新聞朝刊)

藤掛陽生院長、笑っている場合ではないゾ!

この院長のTV取材の対応の仕方が、いい加減です。問いと答えを列記してみます。

26日の最高気温は36.2℃
27日未明は、熱帯夜に。

Q 20日からずっと扇風機で対応していた?
「そうですね。すぐ移動しましたけれど(冷房が)効く部屋に、重症の人は。

Q 亡くなられた方は重症ではなかった?
「COPD(慢性閉塞性肺疾患)の患者はあっという間に亡くなります。←答えになっていない!

Q 亡くなられた方は重症ではなかった?
恐ろしい病気です。←答えになっていない!

Q 4人はエアコンが効く部屋に移動後亡くなった?
「いやいや(病室は)そのままで」←最初の答えと違う!

Q 男性がCOPDで、その他の人は?
「心不全だっけ?ちょっとはっきり覚えてないんですけれども…
心不全の人もいれば、多臓器不全の人もいろいろあったので…
今、頭の中に残っているのは心不全」

Q 4人のうち3階に何人、4階に何人?
「ちょっと覚えていない」←詳細を把握してない!

Q 覚えていないのはちょっとまずいと思うので

Q 意識があったか、なかったかで言うと?
あった人もいましたけど、ない人もいました。

20日エアコンが壊れて、病院はどう対応したか?

扇風機を9台出して、20日にすぐ修理依頼をしたが、業者が1ヶ月かかるということで今は修理できていない。
(修理業者の話)
部品がない場合もあり、最長1ヶ月かかるということ。

以前勤めていた看護師の話

「エアコンの故障は今回が初めてではない。
ワンフロアのエアコンが壊れていることがあって、
しかも冬でななく夏なんです。

その時の対処方法は冷却材。
頭にやるやつとか、脇にいれるやつ。
点滴の空容器に水を入れて凍らせ、
脇に挟んでということをやった」

終わりに

ここ3日連続で、嫌な事件ばかりをまとめてしまった。明日からは明るいことを書くぞ!?

スポンサーリンク
Vclub336-280




Vclub336-280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット



スポンサーリンク
Vclub336-280