榛名神社は屈指のパワースポット

榛名神社

榛名神社は、いかにもパワースポットといった参道や建築物が豊富です。参道を歩いていくと、右に自然の渓谷も眺めらとても癒やされます。

榛名神社の自然と融合した建築物と七福神

〈主祭神〉
火の神・火産霊神(ほむすびのかみ)と土の神・埴山姫神(はにやまひめのかみ)
〈御神徳〉鎮火、開運、五穀豊穣、商売繁昌

歴史を感じる随神門は、いかにもパワーが強うそうな門に見えます。この随身門を始め、榛名神社の建築物の多くは国の重要文化財に指定されています。

隋神門
みそぎ橋

随神門をくぐると寿老人、みそぎ橋が目に入ります。橋の先は、パワーあふれる樹齢100〜400年の千本杉の参道になります

千本杉
布袋様が見えてくる
みそぎ屋と三昇堂
千本杉の終わりに「布袋」が現れ、売店「三昇堂」と「みそぎ屋(梅の店)」が続きます。「梅の店」の前には「福禄寿」が立っていました。

三重塔

店の先には、三重塔が階段の上に見えてきます。階段を上り、鳥居をくぐると役行者が修行したと伝えられる行者渓にかかる神橋があります。橋の向こうには今にもずり落ちてきそうな大きな石が乗っています。


神橋
瓶子瀧(みすずのたき)

さらに先へ行くと、右手に落ちる細い暦杼楓(れきじょふう)瓶子瀧(みすずのたき)が見られます。左には、武田信玄が戦勝祈願して矢を射立てたと言われる「矢立杉」神幸殿の横で天に伸びています。「矢立杉」の前に御水屋があり、ここで手と口のお清めをします。神幸殿前の階段を上がり、神門をくぐると社務所です。

矢立杉
榛名神社・神門へ

鉾立岩をバックにした双龍門

社務所で御朱印をもらい、後ろを向くと双龍門。右の方に大黒天が立っていました。この自然と一体化した門は、いかにもパワースポットここにありといった風情です。この門には名前のごとく、たくさんの龍の彫刻があります。

榛名神社・双龍門
榛名神社・双龍門

御姿岩は自然にできたのか、とっても不思議?

双龍門をくぐると、天狗像が前にある神楽殿本殿(拝殿・弊殿・本社)があります。本殿の左後ろには御姿岩があります。本当に自然にできたのでしょうか?まるで頭と体のように見える奇岩です。頭に見える部分は、今にも落ちてきそうなほど。この御姿岩内の洞窟に本殿として御神体が祀られているそうです。

榛名神社
榛名神社・御姿岩

終わりに

榛名神社には、この他に水琴窟、塞神社、萬年泉、御水舎、神楽殿、額殿・国祖社などあります。また、〈七福神の像〉はこれぞ七福神といった想像していた通りの彫刻です。榛名神社に行って、ぜひご覧になってください。

スポンサーリンク
Vclub336-280




Vclub336-280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット



スポンサーリンク
Vclub336-280