私と日帰りバスツアー

戸隠神社・随神門と杉並木

日帰りバスツアーに参加した理由

私は、免許を持っていません。若い頃から、車には興味がなかったからです。また、私は自分で神経質と思っていましたので、ハンドルを握っていル時も、周りに気を配りすぎて疲れてしまうのではと思っていました。

また、観光地をのいろいろな場所を電車とバスで乗り継いて回るのは、時間的にもお金銭的にも無駄が多くなります。タクシーで回るのは、コストがかかりすぎます。

そこで気軽に観光したいと考えた結果、日帰りバスツアーに参加しました。これが、自分のライフスタイルに合っていたのでしょう。2007〜2015年の間に、17回参加しました。

2015年9月03日の立山・黒部ダムを最後にしばらく日帰りバスツアーからは遠ざかっていました。そして、

「日帰りバスツアー」サイトを作成

2017年3月末「はとバスClub|日帰りバスツアー体験記」を立ち上げました。

もう詳しい内容は覚えていませんでしたが、写真だけは豊富にありました。それを使い、分からない点はネットで調べ、「私の日帰りバスツアー体験記」を17記事アップできました。また、誰もが疑問に思っていることを想像して、日帰りバスツアー・アドバイスの記事をアップしました。半年ほどで、30記事ほどでした。

はとバス・レガート

ここで問題が出てきました。

「日帰りバスツアー」17体験記、アドバイスなど主だった記事をアップしたら、ネタがなくなってしまったのです。

一番いいのは、最低でも毎月「日帰りバスツアー」に参加し、その記事をアップできればいいのは分かっていました。が、今はそんな余裕はありません。

もう、ネタがない!どうしようか……?

ある旅行会社のメールマガジン

そんな時、ある旅行会社のメールマガジンを見て、こんな記事をアップしたいと考えました。そのメールマガジンは他社の簡単なツアー紹介の羅列だけではなく、面白い記事が載っていたのです。

すぐサンプルページを作って、その旅行会社にメールを送りました。

「このメールマガジンの内容をリライトしますので、私のサイトに流用させてもらえませんか」と。

OKの返事をいただきました。そんな感じで、何通かメールのやり取りをしている時

メールマガジンの「戸隠神社5社巡り」のプランを見つけ、「行きたい日帰りバスツアー」でこのツアーを紹介したのです。

そして、レポートを書く条件で、このツアーに無料で参加できることになったのです。しかし、初めてですので旅行会社の方々に満足してもらえるレポートが書けるかどうか不安で、止めようかとも……

でも、ここは逃げてはいけない。チャレンジしなくてどうする!

「一日で、戸隠神社五社めぐり」ツアーレポート送付

写真とツアーレポートを旅行会社に送付しました。初めてのレポートですし、旅行会社の方々はプロですから、どんなことを言われるか、当然の直しがあるはず、正直、返事がくるまでは不安でした。

その結果は……

「戸隠五社ツアーのブログを拝見させて頂きました。写真のセンスがとても良く、魅力を感じさせてくれるのと、ツアーの一つ一つを、とても細かく紹介してくださり、私自身も楽しませて頂きました。
社内で話し合い、宜しければ、またツアーに同行して頂きたいと考えておりますが、いかがでしょうか」

こんな嬉しい申し出を拒む理由は、ありません。

どこまで書けるか分かりませんが、チャレンジする、仕事として書いていくと決心しました。

スポンサーリンク
Vclub336-280




Vclub336-280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Vclub336-280