【囲碁】小学生・中邑菫ちゃん、デビュー戦負ける!

負けた中邑菫ちゃん、この眼光を見よ!

中邑菫ちゃんのこの眼光を見よ!

これが負けた小学生の顔だろうか⁉︎

中邑菫(なかむらすみれ)ちゃんは、現在10歳で初段。まだ、小学生です。

対戦後の会見で、
「緊張してあまりうまく打てなかった。悔しい」
とコメント。また、将来の夢はと聞かれてると、
「女流タイトルを取って、世界で戦える棋士になりたい」

平成21年(2009年)3月2日生。
大阪府出身。
平成31年入段。
仲邑信也九段は実父。
関西総本部所属

対戦相手は、16歳の大森らん初段。

「とても緊張して怖かった。勝てて嬉しいです。ずっとヒヤッとしてました」

いや〜、対戦相手の大森らんさんの方が緊張したと思います。メディアでの取り上げられ方が半端ではなかったですから。こんな経験、初めてだと思います。

それにしても、大森らんさんも16歳の若さです。
日本棋院のプロフィールにはこうあります。

平成14年(2002年)8月14日生。
広島県出身。
山本賢太郎五段門下。
平成31年入段。
関西総本部所属

大森らん初段

菫初段 ほろ苦デビュー

対局は、約40社100人の報道陣が見守る中、仲邑初段の先番で始まった。中盤まで互角の展開だったが、競り合いで劣勢になった。勝負手を放って最後まで見せ場をつくったが、的確に対応する大森初段に押し切られた。竜星戦は囲碁・将棋チャンネルの主催する早碁棋戦。この日は予選では異例の生中継が行われた。
(読売新聞)

読売記事・小学生・中邑菫ちゃん、デビュー戦負ける!

スポンサーリンク
Vclub336-280




Vclub336-280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット



スポンサーリンク
Vclub336-280