6月13日(水)「房州びわ狩り」に行きます。

びわ狩り

梅雨に入り、どうしようか迷っていましたが、明日6月13日(水)「房州びわ狩り」に行ってきます。

行きたいプランは幾つかあるのですが、初の肉体労働のアルバイトでヘトヘトでしたので、ここ2ヶ月間日帰りバスツアーには参加していませんでした。

ところで、今年はひたち海浜公園のネモフィラ、足利フラワーパークの大藤など例年より2週間ほど早いです。今回のびわ狩りも早く、四季の旅では明日が最後の日程でした。

【告白】びわは、盗んで食べていました。

私が小学生の頃、びわは盗んで食べていました。夕方から夜にかけて、他人の家のびわの木に登って、直接枝からもいで食べるのです。文字どおり、びわ狩りです。盗むというか、持ち主に断りもなく、食べてもいいような昭和の農家の一面がありました。

ある日、びわの木に登り、お腹いっぱい食べたあと、その家の垣根を出てきた時、家主に「美味しかったか」と言われるくらいですから。びわの木の持ち主にしても、びわの実を全部食べることはないのす。

楽天びわランキング

そんなびわ、今では高級なフルーツです。上の楽天ランキングでは、2,480〜4,780円ほどします。大きめな3〜5Lサイズ12個です。が、この個数なら「びわ狩り」1回で食べられます。

「びわ狩り」日帰りバスツアーは、明日で2回目

私は、前に1回「びわ狩り」に行きました。2011年6月の日帰りバスツアーです。この時は、20個ぐらい食べました。それでも、「食べたな〜」という満腹感はなかったです。〈びわ〉は、お腹に軽いのでしょうか?

その時は、昼食をとり、バスも参加者も東京湾フェリーに乗り、鎌倉へ。鎌倉では、鎌倉ガイドなどによく出てくる紫陽花の坂道から由比ヶ浜を見ました。そのあと、長谷寺でたくさんの鉢植え紫陽花を鑑賞しました。

今回の【びわ狩り】プランは、以下の通り。

皇室へ献上している初夏の味覚「房州びわ」をもぎ取り食べ放題と鮮やかなピンク色の花、桃色吐息(ペチュニア)観賞バスツアー

〜 アクアライン(海ほたるPA)〜
びわ園 (びわ狩り&びわ食べ放題) 約40分滞在〜バス〜
道の駅枇杷倶楽部(昼食・買い物・自由昼食)約60分〜バス〜
マザー牧場(桃色吐息観賞・自由散策)約60分〜バス〜
はちみつ工房(工場見学・試食・買い物)約30分〜バス〜
富津 影丸(海藻工場見学・試食・買い物)約60分〜バス〜

アクアライン・海ほたるは、今回で5度目くらいかな。かなり、行っていますね。

マザー牧場の桃色吐息(ペチュニア)

ネモフィラ・ブルー(ひたち海浜公園)が、ピンクに変わったかのような風景です。こんなピンクの絨毯は初めてです。ですが、ペチュニアは前の日の天気がかなり影響するそうです。また、明日の天気は曇りのち晴れですので、この絨毯が見られると思うと、ワクワクします。

終わりに

今回の「びわ狩り」のあとは、「さくらんぼ狩り」を予定しています。「さくらんぼ狩り」は、今月いっぱいかな?天候に恵まれればいいのですが……
「さくらんぼ狩り」も1回行っていますので、今月行ければ2回目になります。

スポンサーリンク
Vclub336-280




Vclub336-280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット



スポンサーリンク
Vclub336-280