土屋太鳳の姉・土屋炎伽(ほのか)2019ミス・ジャパン notミス日本!

土屋太鳳の姉・土屋炎伽、ミス・ジャパン東京代表に。

(2019年6月3日)
「自信がない自分が嫌で、一歩を踏み出してみた。まだ信じられない気持ち」

これからは、
「発信力や影響力のある女性になりたい。スポーツや日本文化の魅力について伝えていけたら。妹、弟と共演するのが夢」
だ、そうですので、今後、土屋炎伽という名前が多く出てきそうです。

★ところで「ミス日本」ではありません。
「2019ミス・ジャパン」って、紛らわしいミスコンですね。なんで、新たに日本を代表するミスコンなんか作ったのでしょうか?「ミス日本」だけで充分です。どこかの大学のミスコンみたいですね?

土屋炎伽(ほのか)本名
生年月日:1992年8月26日
血液型:A型
学 歴:明治大学
(とぎ)=退屈をなぐさめる話相手。寝床にはべること。その人。
「炎伽」って、「炎の夜伽」ですよ、結構ヤバい妖しすぎる名前です。

本名の土屋太鳳の名前の由来は?
「生まれたばかりの裸の赤ん坊が、雲の上で寺子屋のような長机に正座し、細長い紙に筆で2月3日生まれ 女 太凰と書いていた」という夢を母親が見たことから、命名されたそうです。
鳳凰は伝説上の鳥。鳳=雄、凰=雌

性別を教えない病院であったため、また、出産予定日はもっと先だったそうですが、2月3日に生まれました。ふつうなら「凰」が人名用漢字に使われていないという理由で、「雄」の方の「鳳」を使いませんよね。変わった母親ですね。ネットでは、けっこうステージママとの書き込みが多いです。
生年月日:1995年2月3日
血液型:O型
学 歴:日本女子体育大学

土屋太鳳の弟・土屋神葉(しんば)
生年月日: 1996年4月4日

2019 Miss Japan ミス・ジャパン公式

Miss Japan Pageant

MUJ、ミス・アース・ジャパン、ミスター・ジャパン、スーパーモデルアワードなど、いくつかのページェント開催実績のある弊社が、国内のミスコンテストの決定版として、この度、新しく開催する年間のページェントです。

グランプリに輝いた方は、日本を代表する女性として、1年間公式イベントやチャリティ活動に従事してもらいます。また、グランプリやタイトルホルダーの活動を金銭面でもサポートいたします。

http://www.missjapan.org

『日本を代表する女性として〜』とあるだけで、その企画意図がわかりません。わざわざ、日本を代表するなら、「ミス日本」だけの方がいいと思いませんか?
※Pagent(ページェント)=野外で行われる大がかりな催し、劇、野外劇。

ミス日本公式サイト

こちらは今までのミスコンで、いわば老舗ですね。日本の女性の美を決めるなら、こちらだけでいいはずですね。

2019ミス・ジャパンは、明確な理由を世に問うべきです。

Miss Nippon Contest Concept

“日本らしい美しさをめざして”

ミス日本コンテストは「日本らしい美しさ」を磨きあげ、社会で活躍することを後押しする日本最高峰の美のコンテストです。

美しさとは見た目の容姿だけでなく、心の持ちようや社交性など幅広い人間性が問われます。
ミス日本コンテストの始まりは1950年。初代ミス日本コンテストグランプリに輝いたのは、昭和の美人の代名詞と讃えられる山本富士子さんでした。

https://www.missnippon.jp。

土屋炎伽(ほのか)は、客寄せパンダか⁉︎

と、言われても仕方がないです。こんな意見が出るのももっともです。

ネット上では炎伽さんのグランプリ獲得について、「通常、身長155㎝でミス・ジャパンの東京代表はありえません」、「この大会のレベルがよく分からない」、「ほぼ出来レースかな?」など、審査基準に疑問を呈す声が多く挙がった。

「日本のミスコンといえば、『ミス・ユニバース』など世界三大ミスコンの日本予選や、藤原紀香らを輩出した『ミス日本』があるが、『ミス・ジャパン』は後発でできたミスコン。そのため、自然に参加者のレベルも、ほかのミスコンに比べて下がってしまう。日本大会では炎伽さんを“台風の目”にして話題を集めようとしているのが見え見え」(芸能記者)

スポンサーリンク
Vclub336-280




Vclub336-280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット



スポンサーリンク
Vclub336-280