5秒後、驚くべきM字開脚パフォーマンス「世界の起源」亀裂を見せる!

デボラ・デロバティスさん

クールベ作「世界の起源」を見たことがありますか?

この女性はアーティストのデボラ・デロバティスさん。向かっている先には、クールベのセンセーショナルな絵画『世界の起源』が展示されています。その絵には、女性の局部が写実的にまるで写真のように描れています。

彼女はその絵の前に来ると、こちらを振り向き座り、なんとM字開脚をしました。それもノーパンで。その後自らの手で、局部を広げて見せたのです。

グスタフ・クールベの絵は、局部が閉じられている割れ目ですが、彼女はそれに対して、『世界の起源』をハッキリ見せるパフォーマンスをしたのです。

彼女は、自分の局部で「世界の起源」を再現。

パリのオルセー美術館でパフォーマンス。
デボラ・デロバティスさんは金のスパンコールのドレスを着て部屋に入り、自分の局部を見せ始めました。彼女は結局警察に連れ去られました。美術館とその2人の警備員は、彼女に対して性的展示行為の苦情を申し立てました。

「これは、美術館の規則を軽視する典型的な例です」
オルセー美術館は声明の中で述べています。
「事前に承認の要求はありませんでした。たとえあったとしても、そんなパフォーマンスを我々は受け入れません」

「私は絵の中に見えないものを…明らかにします」

デボラ・デロバティスさんは、こう答えています。

「私がしたことは衝動的な行為ではありませんでした。
美術史にはギャップがあります。注視の対象に対する見方が欠けています。クールベの写実的な絵画では、画家は開いた足を見せていますが、膣は閉じたままです。彼はその穴、すなわち目を明らかにしていません。
私は私の膣を見せていませんが、私は私たちが絵の中に見えないもの、膣の目、ブラックホール、この隠された目、肉を超えて無限を、起源までと呼ぶこの亀裂を明らかにしています」

凄いパフォーマンスだと思いませんか!
→ erformance Artist Does Impromptu Reenactment Of ‘The Origin Of The World.’ Yes, THAT Painting.

コメント

タイトルとURLをコピーしました