池江璃花子「’24年のパリ五輪出場・全文」と悪性リンパ腫の元フジ笠井アナ

池江璃花子選手のメッセージhttps://www.rikako-ikee.jp

池江 璃花子に励まされた笠井アナ

今の時代、急性リンパ性白血病から10か月で、オリンピックへ向けて再活動できるんですね。このニュースは、悪性リンパ腫の元フジテレビ笠井信輔アナにも大きな力を与えたと言います。

今日のとくダネ! 小倉智昭キャスターも笠井アナについて話していました。

「『池江璃花子さんが今日、新聞で退院っていう記事が出ていたでしょ?その記事を読んで大変、励まされました』と。『同じ血液のがんですもんね。そういう意味では、とにかく頑張ります』

彼の悪性リンパ腫に関しては、もろもろ僕は知っているんですが、明日、笠井君が来て詳しく自分の口から説明しますんで概要だけお知らせしておきます。

笠井君は9月いっぱいでフジテレビを辞めて、辞めるときに荷物を動かしたりして、腰が若干痛かったようなんです。仕事をしているうちに体重もちょっと減ってきて、何なんだろうなって気にはなっていたんだそうですが、彼には以前から排尿困難があって前立腺の心配があって前立腺肥大を調べてもらったんです。そしたらMRIを撮って前立腺よりもむしろ腰に影があるのが心配だと医者に言われて精密検査をしたら悪性リンパ腫であることが分かりました。悪性リンパ腫は70種類ぐらい種類があって大変ややこしい病名もついているんですが、その辺は明日、笠井君が自分で話すと思います」

池江璃花子選手のメッセージ全文

2月から入院生活をし、約10ケ月の月日が経ちこの度退院することができました。辛くて長い日々でしたが、皆様からの励ましのメッセージを見て、早く戻りたいと強く思うことができました。応援してくださった方々や関係者の方々、そして家族には感謝の気持ちでいっぱいです。

入院中、抗がん剤治療で吐き気が強い時や倦怠感もありましたが、そんな時はとにかく「大丈夫、大丈夫、いつか終わる」と自分を励まし続けました。オリンピックを目前に控えていた中、突然大好きなプールを離れ、失ったものが多いのではと思った方もいらっしゃると思いますが、私は病気になったからこそ分かること、考えさせられること、学んだことが本当にたくさんありました。ネガティブ思考になる時もありましたが、まずは自分の気持ちをしっかり持たないといけないんだと思い治療に励みました。

今後の競技活動については医師と相談しながら、水中トレーニングが可能になり次第開始します。それまでは基礎体力をつけながら陸上トレーニングをしていく予定です。オリンピックについてですが、2024年のパリ五輪出場、メダル獲得という目標で頑張っていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします。

2019.12.17 池江 璃花子

池江璃花子 退院のご報告

 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
日頃から、池江璃花子(株式会社ルネサンス/日本大学所属)へご声援、ご支援を賜り誠にありがとうございます。2月に病気療養を発表してから多くの皆さまより温かい励ましのメッセージをお寄せ頂き厚くお礼申し上げます。おかげさまで、この度退院しましたことをご報告させていただきます。
急な入院によりご迷惑をおかけした関係者の皆さまにも改めまして深くお詫び申し上げますとともにこの入院期間中にご尽力いただきました病院関係者の皆さまはじめ、ご支援くださいましたすべての方々に心より御礼申し上げます。

2月の緊急入院後の検査結果により池江は急性リンパ性白血病と診断されました。化学療法による治療を行いましたが、治療期間中に合併症を併発したため化学療法の継続が困難となり造血幹細胞移植を行いました。その後、寛解状態を維持し体調も安定したため退院することができました。
今後も通院による治療を継続しますので、競技活動につきましては医師とも相談しながら、当面は陸上でのトレーニングを中心とした体力づくりを所属先のトレーニングコーチとともにスタートしてまいります。

また、病気療養前まで担当コーチによる個別指導体制で練習をしてまいりましたが、担当コーチがルネサンスを退職されていますので、池江とのコーチ契約は解消に至っております。池江のプールでの練習復帰時期は未定ですが、復帰後はルネサンスの所属コーチによる指導を受ける予定です。

尚、恐縮ながら本件について記者会見の予定はございません。メディアの皆さまにおかれましては今後も本人の日常生活へご配慮をいただき、医療関係者、在籍大学の関係者や学生の皆さまへの直接の取材行為並びに自宅近隣での取材等はお控えくださいますようお願い申し上げます。

本人のメッセージをご報告させていただきます。今後とも変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2019.12.17 池江璃花子マネジメント事務局(株式会社ジエブ)
https://www.rikako-ikee.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました