ハメス・ロドリゲスの憂鬱と焦り!無意識の集合意志

ハメス・ロドリゲス(ウィキペディアより)

2014年ブラジル大会・得点王から名門レアル・マドリードへ。
2017年バイエルン・ミュンヘンへ移籍した若きコロンビアの司令塔ハメス・ロドリゲスには、笑顔が似合う。

そして、そのような彼の笑顔だけが、報道されてきました。しかし、昨日の「日本vsコロンビア」で見せた彼の顔は、憂鬱と焦りだけ。そして、彼は苛立ち、反則をする。こんな彼は見たくはなかった。日本が勝てた喜びは大きいですが……

試合の流れと「無意識の集合意志」

サッカーは戦術に従い、選手がプレーする。が、相手があることだから、戦術通りにいったり、いかなかったり。だから、サッカーは面白い。

監督はフィールドの外から指示を出してはいるが、全員が皆その通りに動くことはない。その時の「無意識の集合意志」が、チーム全体を動かしている。

「日本vsコロンビア」の試合には、そんな「無意識の集合意志」が4つの流れを作っていました。

「日本vsコロンビア」4つの流れ

  1. 試合開始
    【日本】
    チャレンジしなければ勝てないので、最初から攻める。それがうまくいき、PKを得て1点先行。香川のシュートはハンドがなければ、ゴールネットを揺らしていただろう。
    【コロンビア】
    コロンビアは楽に勝てると思っているので、悠然と試合に臨んだ。
  2. PKから香川が得点後
    【日本】
    横綱相撲ともいうべき、余裕のある横パスで試合運ぶ。「それは、日本じゃないだろ!」とずっとイライラした。香川と乾、全然活躍できず。
    【コロンビア】
    レッドカードで1人退場となり、元来格上であるはずなのに余裕の試合ができず、チャレンジ精神を発揮。早い運動とパス回しで、日本を攻める。結果、フルーキックから同点にする。
  3. ハーフタイム以後
    【日本】
    監督の指示で、横パスから縦パスに切り替え、チャレンジ精神を発揮し攻める。ミスはあったが、良い試合展開。
    【コロンビア】
    前半の運動量から疲れた?動きがかなり鈍い。
  4. ハメス・ロドリゲスの投入と落とし穴
    【日本】
    機能していない香川と乾。香川に代えて、本田投入。私は前半に本田を投入すべきだと思っていた。単なる横パスで試合を支配しているような甘い展開を、香川でなく本田なら変えてくれたはずだ。
    【コロンビア】
    3/4を占めたコロンビアのサポーターは歓喜する。
    しかし、動きにまったく精彩がないハメス・ロドリゲスは、機能しない大きな誤算!かえってコロンビアの運動量が減ってしまった。「ハメス・ロドリゲスならもっとうまく動いてくれるはずだ」と周りが無意識にそう思ってしまったのだろう。これは、コロンビア監督の采配のミス。
  5. アジアのチームが南米チームを破った歴史的瞬間!ありがとう。

自分の行動にも「無意識の意志」を感じる大切さ

チームはその時の「無意識の集合意志」によって動かされます。同じように、個人の行動もそんな風に「無意識の意志」によって、動かされています。
日々、その時の状況によって、意志が強くなったり、弱くなったりして、いつも「やる気」でいることはできません。

しかし、「やる気」にならなければ、何も始まりません。
いつも、「やる気」になるにはどうしたら良いか。

単なる「ポジティブになろう」という話ではなく、また、なかなかできませんが、自分の無意識の意志をチェックすることが大事。だから、私は次の言葉が好きです。

得意淡然、失意泰然

良い成果や業績があっても「得意」になることもなく淡々としていること。うまくいかなくても諦めたり、悲しんだりしないで、ゆったり構えていること。

つまり、「物事に一喜一憂せずに、淡々としている者が最後には勝つ」という心構えを、私はいつも持っていたい。

終わりに

日本はPKで1点取ったときに、チャレンジ精神を忘れず攻めていれば、2点目を取っていたかもしれない。逆に簡単に同点にされ、逆転されていたかもしれない。それでも、チャレンジ精神という感動を与えてくれただろう。

ワールドカップは、結果が大事だとはわかっています。が、PKで1点を取ってからの日本はいただけない。

コロンビアだって、体調万全ではないハメス・ロドリゲスを投入して、かえって流れを悪くしてしまった。まあ、それだけハメス・ロドリゲスはスーパースターで、コロンビア・サポーターの期待に監督も無意識に応えたいと思うってしまい、采配ミスを犯したのであろう。

「65歳からのブログ」でした。

スポンサーリンク
Vclub336-280




Vclub336-280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット



スポンサーリンク
Vclub336-280