「即位の礼とパレード」10月22日は、2019年限定の国民の祝日。

即位の礼「パレード」は、11月10日に延期されました。

即位の礼とパレードが行われる10月22日は、2019年限定の国民の祝日。

2019年(令和元年)5月1日に行われた「天皇の即位の日」は、結婚式にたとえることができます。
そして、10月22日「即位礼正殿の儀」は、国内外に知ってもらうという披露宴にたとえることができます。

即位の礼は、即位礼・正殿(せいでん)の儀

御即位を公に宣明されるとともに、その御即位を内外の代表がことほぐ儀式です。今年10月22日に、国事行為である国の儀式として、宮中において行われます。
13時頃から政府インターネットテレビでライブ中継の予定。

即位の礼のメイン儀式となる「即位礼正殿の儀」では、平安時代からの装束をお召しになった天皇陛下が高御座(たかみくら)に上り、即位を宣明するお言葉を発せられます。また、十二単(じゅうにひとえ)を着た皇后陛下(雅子様)が隣のひと回り小さな御帳台(みちょうだい)にお入りになる。

ほかの女性皇族の方々も十二単で勢ぞろいします。宮内庁の職員も太刀や弓を持った平安装束で中庭に並びます。

平安時代からの装束と高御座は圧巻です。これは、即位の礼のときにしか用いられません。ぜひ、ここに注目してください。
(週間プレイボーイ)

即位礼正殿の儀で即位を宣言する第125代昭和天皇

(写真)即位礼正殿の儀で即位を宣言する第125代天皇明仁

十二単

祝賀御列の儀(パレード)のコース

即位礼正殿の儀終了後、広く国民に御即位を披露され、祝福を受けられるための御列(パレード)。即位礼正殿の儀が行われた後、同日に国事行為である国の儀式として、宮殿から天皇陛下の御在所までの間において行われます。

祝賀御列の儀(パレード)のコース(地図:週間プレイボーイより)

祝賀御列の儀(パレード)のコース 10月22日(火)15時30分〜16時頃
宮殿(皇居)→皇居正門→二重橋前→祝田橋→桜田門→国会正門前→憲政記念館前→国会図書館前→平河町→赤坂見附→(青山通り)→青山一丁目→権田原→赤坂御所正門→赤坂御所

パレードが終わると「響宴の儀」

外国の国家元首級を招いて行われる晩餐会。招待客2600人予定。御即位を披露され、祝福を受けられるための饗宴です。今年10月22日、25日、29日、31日に計4回、国事行為である国の儀式として、宮中において行われます。

11月14日(木)・15日(金)は、大嘗祭・大嘗宮の儀

神々の承認を得るために行われます。大嘗(だいじょう)祭・大嘗宮の儀は、公開されません。

これは秘儀中の秘儀で、内容は公開されません。ただ、毎年行なわれている新嘗祭(にいなめさい)が基礎になっています。新嘗祭は天皇ご自身が神様に新米をお捧げになって、五穀豊穣を祈るという儀式です。新営祭は毎年のお祈りですが、大嘗祭は令和という時代全体のお祈りです。

天皇自らが新米をお捧げになり、そのお下がりをお召し上がりになる。それは神様の息吹をお取り込みになるということ。これを昔の人は御神霊と天皇が一体になると表現していました。

そして、この大嘗祭が天皇即位の最終段階ですので、もし滞りなく行なわれれば、皇位継承を神々が承認したということになります。
(週間プレイボーイ)

スポンサーリンク
Vclub336-280




Vclub336-280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット



スポンサーリンク
Vclub336-280