年収300万円以下へ転落する50代の共通点

SPA10月号

年収300万円を切った時期

SPAが行った『年収300万円以下の50代男性・300人を対象にしたアンケート』によると、

  1. 50代 40.3%
  2. 40代 32.7%
  3. 30代 13.3%
  4. 20代 7.3%←年収300万円に届かなかった人か?
  5. 10代 6.3%←若いのでもともと300万円に満たない人?

圧倒的に、40代・50代が多くなります。理由は以下です。

具体的な転落理由?

  1. リストラ 22%
  2. 転職失敗 20%
  3. 自分の能力が足りなかった 15%
  4. 気力・体力がなくなった 15%
  5. 会社の業績の悪化 8%
  6. 景気の悪化 7%

年収500万、600万、800万と能天気に働いてきた50代、転職して甘かったと気づく人が20%、5人に1人います。

リストラされやすい人とは?

日本の労働法では、簡単に社員の首を切れません。そこで、自発的に退職するように仕向けるのだそうです。いわゆる、窓際族で閑職に追いやるのです。

曖昧なコンピテンシー評価を逆手にとって、言いがかりのでっち上げで、退職させれれるのです。リストラ対象になるタイプは、真面目にコツコツ仕事する大人しいタイプです。

高いレベルの業務成果を生み出す、「仕事のできる人の行動特性(コンピテンシー)」を設定し、評価するものです。
コンピテンシー評価を活用することにより、社員一人一人の行動を分析し、社員が自ら目標を設定することで”生きた行動目標”になり、社員が自ら具体的な行動改善を進め、企業の業績改善へ繋がります。

コンピテンシーについて | 人事評価システム

転落し、人生の後悔をして気づくこと

  1. 学生時代に勉強しておけばよかった 40%以上
  2. 会社で踏みとどまっていればよかった 12%
  3. もっとスキルアップに励んでいれぱよかった 10%
  4. もっと健康管理をしておけばよかった 6%

社会人としての行動を悔いる人は少数です。つまり、自己責任と言いながら、いまだに「高学歴→大企業なら逃げ切れたのに」と時代錯誤な感覚でいることが、最大の転落50代の共通点といえるようです。

転落50代のチェックリスト

では、ここで50代のあなた、自己チェックしてみてください。当然、チェックした数が多いとレッド・ゾーンに入ってしまいます。

  • 最高年収が600万円未満である
  • 最高貯蓄額が300万円未満である
  • 特にアテはないが、転職を考えている
  • 最近、職場内で早期退職する人が増えている
  • 今の境遇は自分の責任だと思う
  • 職場で肩身が狭いが、頑張る気力もない
  • 体力の衰えを感じるが、運動しようと思わない
  • もっと学生時代に勉強していれば、人生は変わったのにと後悔する

50代を復活させる「3つのカギ」とは?

  1. 中高年でも復活できる究極の就活テクニック
    (転職コンサツタント佐々木一美氏)
    転職・再就職で大切なのは「妄想力」です。これまでの仕事に紐づけて、とにかく「やりたいこと」を探す。そして、その業界の求人を探すのではなく、自分で会社リストを作り片っ端から思いの丈を込めた履歴書などを送る。これを「リスト応募」と呼びます。
  2. 妻と子供に稼がせれば、10年で2000万円は貯まる
    (経済ジャーナリスト萩原博子氏)
    第一歩が共働き。ただ、バブル期の価値観が染みついた50代妻は厄介で、自己実現のために働きたいとか言っちゃう。そんな考えを改めるためにも「老後破綻するくらい家計がピンチである」と正直に話し、頭を下げてでも尻を叩きましょう。また、自宅に寄生する社会人の子供は最大の不良債権。特別な理由がない限り、生活費として最低5万円は家に入れさせること。
  3. 男性ホルモンとビタミンDで老化をストップ
    (医学博士・満尾正氏)
    特に注意したいのが、男性ホルモンの低下。これを放置すると更年期障害を招き、無気力、不眠、うつ病を発症する恐れがあります。さらに、老化に拍車がかかることで心筋梗塞、脳卒中、認知症などのリスクも格段に高まります。このように中高年の男性がもっともケアすべき男性ホルモンの原料となるのが、『若返りのホルモン』と呼ばれる「DHEA」。里芋・自然薯といった粘り気のある芋類に含まれ、心筋梗塞、動脈硬化、糖尿病といった生活習慣病予防にも効果がある優れものです。男性ホルモンのバロメーターである『朝勃ち』が悪くなったら、危険信号と思って芋類を摂取しましよう。
    若返りホルモンとも呼ばれるDHEAの秘密

詳しくは、SPA10月30日号をご覧ください。

終わりに

上の「3つのカギ」の一つ、中高年でも復活できる究極の就活テクニック
私の場合ですが、履歴書を送った訳ではありませんが、最近やりたいことのスキルが上がってきたので、思い切ってある会社に提案をしました。
嬉しいことに、仕事が発生する運びになりました。今までに全然取引のなかった会社です。

今の時代、65歳を過ぎれば、募集しているアルバイトは主に清掃の仕事しかありません。しかし、一度アルバイトで清掃の仕事を2週間やってみて、たまたま若い人向けの仕事だったので疲れ切ってしまいました。

今後は自分のスキルを見きわめ、それを生かせる分野で、お客様を幾つか増やそうとアッタクするつもりでいます。

スポンサーリンク
Vclub336-280




Vclub336-280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット



スポンサーリンク
Vclub336-280