谷岡郁子・志学館学長、栄和人監督を解任!

パワハラ谷岡学長

谷岡志学館学長、17日栄監督を解任・会見

栄和人監督復帰・会見後の彼を見守ってきて、
「全くの期待はずれで、全くまだわかっていない、反省できていないと思わざるをえませんでした」
と記者会見を開き、栄和人監督を解任しました。

栄和人監督・解任の2つの理由

栄監督・解任の1つ目の理由

6月15日【栄和人監督・会見と谷岡郁子・志学館学長】で指摘したように、
「選手ファースト」なら、栄和人監督はセコンドに付いているべきで、観客席に谷岡・志学館学長と一緒に観戦しているのではなく、
「誰に何を言われようと、選手の近くでアドバイスするのが本来の姿でしょう!」と指摘しました。

解任の理由に挙げた理由の1つがそのこと「セコンンドにつかない」ことでした。

栄監督・解任の2つ目の理由

たまたま観戦に来ていた千原兄弟の兄せいじと試合中にもかかわらず、昼食に出て行ったということ。
「野球の試合やサッカーの試合で、試合の途中にいなくなる監督がいるとは、私には思えません」

「あなた、それでよく社会渡ってきたねって言われるような、子供じみたところと実績を上げてきた天才の部分と、ものすごく怖がりな小心者かと思えば、ものすごく強がりを言う、もうなんていうんでしょう、
「アンバランスの権化」とも言うしかない。そして、基本的には善人だと思います」

谷岡・志学館学長は、こう栄監督をこう評価して三行半を突きつけました。
「自宅で謹慎してきてくれ」
「申し訳ありませんでした」と、栄監督。

志学館・後任の監督人事について

「吉田沙保里もありうるし、他のこともありうる。これからのレスリングのリーダーシップ、レスリング部の運営の仕方は選手達含めて、みんなで話し合って決めてまいります」とのこと。まあ、今まで監督不在でここ数ヶ月きたのだから、急ぐこともないのでしょう。

ところで、

全くまだわかってない、反省できていないのは、
谷岡・志学館学長、あなたでしょ?

「私、怒ってます」「パワーのない人間がパワハラを起こすことが私にはわかりません」発言から、正式にパワハラが認めれれたにかかわらず、そのことに対して、いまだ謝罪しない谷岡・志学館学長、レスリング協会副会長でもあります。

「選手ファースト」という理由をつけて、栄監督復帰を実現させ、15日会見まで認めていた谷岡・志学館学長。

そして、17日栄監督を解任。

自分の非は一切認めず、やることなすことが、「パワハラの権化」ではないでしょうか。

栄監督とは長い付き合いでしょう。
今さら「アンバランスの権化」栄監督にショックを受けますか?
また、栄監督、千原せいじと並んで、笑顔で試合を観戦していたのは誰ですか?

谷岡・志学館学長、あなたでしょ!

スポンサーリンク
Vclub336-280




Vclub336-280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット



スポンサーリンク
Vclub336-280