トイレの神様、植村花菜の歌ではありません。

トイレの神様

トイレの神様

歌手・植村花菜の「トイレの神様」では、こう歌われています。

トイレには それはそれはキレイな
女神様がいるんやで
だから毎日 キレイにしたら 女神様みたいに
ぺっぴんさんになれるんやで

おばあちゃんの思い出を歌っています。
また、単行本にも絵本にもなっています。

このトイレの神様は、女神様です。

トイレの神様は、烏枢沙摩明王

しかし、この広告のトイレの神様は違います。
密教の神で

烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)と言います。
明王の一人です。

明王とは
密教における最高仏尊大日如来の命を受け、
仏教に未だ帰依しない民衆を
帰依させようとする役割をになった仏尊です。

天界の「火生三昧」(かしょうざんまい)と呼ばれる
炎の世界に住し、
人間界の煩悩が仏の世界へ波及しないよう
聖なる炎によって
煩悩や欲望を焼き尽くす反面、
仏の教えを素直に信じない民衆を
何としても救わんとする
慈悲の怒りを以て
人々を目覚めさせようとする明王です。

烏枢沙摩明王

烏枢沙摩明王は、炎の神

「この世の一切の汚れを焼き尽くす」
「烈火で不浄を清浄と化す」
神力を持つことから、心の浄化はもとより
日々の生活のあらゆる不浄を清めます。

それで、

不浄を浄化するとして、
密教や禅宗等の寺院では、
トイレに祀られることが多いのだそうです。

でも、売れるのかしら?

高さ10.5cmの金メッキ像です。あなたは買いますか?

スポンサーリンク
Vclub336-280




Vclub336-280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット



スポンサーリンク
Vclub336-280