伊原六花の登美丘高ダンス部は準優勝、では優勝高は?

登美丘高ダンス部キャプテン伊原六花、芸能界デビュー

2017年忘年会の余興ベスト3に入るバブリーダンスで話題の大阪・登美丘高ダンス部。そのキャプテン伊原六花さんが芸能界にデビューするニュースが報じられています。

「全然実感がわかない。登美丘高らしく頑張りたい」と、伊原六花さん。

彼女の今日30日と明日31日のスケジュールです。
30日「第59回輝く!日本レコード大賞」で荻野目洋子と共演。
31日「NHK 紅白歌合戦」に出演。「2億4千万の瞳」を歌う郷ひろみのバック。

ところで、荻野目洋子さん「NHK 紅白歌合戦」2017年は落選しました。

荻野目洋子さんが NHK 紅白歌合戦に出るとすれば、特別枠での出場しかありません。これだけの話題が「ダンシング・ヒーロー」バブリーダンスにあるのですから、出演の可能性は大だと思いますがどうでしょうか。

荻野目洋子&平野ノラ&登美丘高校とのコラボになるかもしれません。気になりますが、いつも「NHK 紅白歌合戦」は見ていませんので、確認のしようがありません。

ところで、優勝した高校の名前は同志社香里高校

夏の日本高校ダンス部選手権(ビッグクラス)では、大阪府立登美丘高は準優勝ですが、優勝した高校の名前、同志社香里高がすんなり頭に浮かびますか? そういえば、夏にニュースを賑わしていたな〜と記憶にありますか?

なぜでしょうか?

第10回 日本高校ダンス部選手権 夏の公式全国大会 ビッグクラス結果
日本高校ダンス部選手権で優勝したのは、大阪・同志社香里高校です。

ただの「ダンスコンテスト」では、話題性がないからマスコミの多くは取り上げないからです。ですから、登美丘高バブリーダンスのキレキレはあるとしても、衣装やメイクなど、同じくブレークした「バブリー」の平野ノラさんの影響もあったから、取り上げられているのです。

ちなみにこちらが、優勝した同志社香里高校

アクセスも、ブログテーマの話題性によります。

話題性がないということは他の分野でも同じで、時には何の意味もなくなります。いくら一生懸命ブログの記事を書いても、誰一人読んではくれません。

このブログは高齢者が対象になっています。高齢者人口は多いのですが、高齢者の悩みは「病気」「年金」など老後の心配がメインです。ですから、まだアクセスは多くありません。

また、私は高齢者の悩みが多い年金やお金には縁がないし、興味がないので記事を書けません。書いたとしても、愚痴くらいでしょうか。なら書かないほうがいいです。誰も、愚痴など読みたくないです。

では、なんでこの話題を取り上げたのかというと、もしこのブログを読んで、自分もブログを書きたいと思った方に、読んでほしいのなら、一番重要な点は「誰もが興味がある話題性によりますよ」ということを教えてあげたかったからです。余計なお世話かもしれませんね。

スポンサーリンク
Vclub336-280




Vclub336-280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Vclub336-280