スター・ウォーズ「最後のジェダイ」カタルシスが湧かない7つの理由

今さらですが「最後のジェダイ」感想書きます

Episode1から6までの主要人物像は、みんな深く掘り下げられていた。
ルーク、レイア、父アナキン、ハン・ソロ、オビ=ワン、パドメ、ヨーダなど、みんな苦悩し、最後まで希望を捨てず戦ってきた。その姿が脳裏にしっかり焼き付いている。だから、エピソード1から6までの最後は、気分が高揚しすっきりした余韻が残った。

Episode7・8では、主要人物の背景が全然説明されていない。
物語をドラマティックにする説明がないのだ。特に、カイロ・レンと最高指導者スノークの掘り下げが甘い。主人公のレイは、今回で少し掘り下げられたが、抽象的な説明で具体的な物語はなかった。(理由3参照)

言わせてもらえれば、エピソード6の最後で成長を遂げたはずのルークですが、未成年の単なる意固地のはったオヤジです。いつもイライラしていて、とてもじゃないが「マスター」とは呼べない。ちょっと、キャラが違いませんか?  マーク・ハミルが、ライアン・ジョンソン監督ともめたとか?

では、なぜ「最後のジェダイ」ではカタルシスが湧かないのか、7つの理由を考えてみました。(2018.2.9鑑賞)

カタルシスが湧かない7つの理由

  1. 最初のオープニングで、敵の大型艦船を爆破する理由
    全くわからないまま、その戦闘が始まり、全滅に近い打撃を受けながらも爆破に成功し、終ったのはいいが、その後すぐ反乱軍はひたすら帝国軍の追跡を受け、ただ逃げるだけ。なんとか、回避するための物語と。ルークのところに赴いたレイのフォースの物語が、エピソード8。
  2. カイロ・レンが、なぜスノークによってダークサイドに落ちたのか
    全く説明がない。ルークの証言では「カイロ・レンはダークサイドに落ちて、助けるすべがなかった」と、レンに説明した。カイロ・レンは「ルークに見放されて、殺されそうになった」とやはりレンに告げた。だが、いかにして、スノークがカイロ・レンの心に忍び込んだのか説明されていない。ルークの父アナキン・スカイウォーカーのような苦悩がない。
  3. レイの素性が抽象的すぎてよく分からない
    フォースのダークサイドともいうべき地下に落ちて、「自分の両親は誰か」直面するシーンは、ちょっと抽象的でよくわからなかった。鏡(のような)に映ったのは、自分であった。この後、過去から現在・未来に続くようなレイが無数に並んで出てくる。レイは、レイのほかの何者でもない、唯一絶対のレイなのだと暗示しているようだ。
  4. そもそも、スノークって何者なんだ?
    エピソード6、ダーク・シジィアスの死後、どのようにしてファーストオーダーの最高指導者になったのか。スノークは、誰の弟子なのか。何も説明がないまま、エピソード8でカイロ・レンに殺されてしまった。心が読めるシスの最高指導者が、未熟なカイロ・レンに殺されてしまうことなどあり得るのだろうか。これで、スノークの謎は謎のまま、未消化に心に残る。
  5. 大型艦船の中、スノークの部屋での三人
    スノーク、カイロ・レン、レイの戦いは、エピソード6のルーク、ベイダー、ダース・シディアスと状況がまったく同じ。少し安易ではないか。しょうがないのか?
  6. スター・ウォーズ ならではのライトセーバーの戦いがなくなった
    「最後のジェダイ」を象徴するかのように、ライトセーバーの1対1の戦いがなくなった。これはフォースの両面、正義と暗黒面の明快な戦いであった。このような象徴的な戦いがなくなり、ただ理由のない戦いがあるだけ。ルークとカイロ・レンの戦いだってほんの少し、おまけにルークは、実体のないフォースの影だ。
  7. そして最後に感動が湧かない、カタルシスが起きない
    いろいろな要素が絡まりすぎて、すっきりとした理由のある一本のストーリーがなかった。だから、分かりにくい。最初に書いたように、重要人物の掘り下げがなく、なぜ戦うのか理由が見えてこない。

最後に

レイアが宇宙空間から奇跡的にフォースの力で生還したことに非難があるそうです。今まで、フォースを使ったことがないレイアなのに、今回はなぜなのと。でも、それくらいいんじゃないでしょうか、ルークの妹、アナキンの娘なんですから。それにしても、レイアはただのお飾りみたいな反乱軍の大将で姫です。しっかりした働きはしていません。

また、優秀なパイロット、ポー・ダメロンも最初だけであとは活躍する場面なし、フィンも大した働きはしていない。

しかし、ついついハン・ソロはいつ出てくるの、って思ってしまった。エピソード7で、ソロはすでに死んでいたのですが…。

「最後のジェダイ」とは、今までの古いジェダイ(スカイウォーカー家をメインとした)はなくなり、新しい世代のジェダイがなったといったことのようです。最後にフォースを操る少年テミリ・ブラッグが出てきました。エピソード9で活躍するのでしょう。

スポンサーリンク
Vclub336-280




Vclub336-280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット



スポンサーリンク
Vclub336-280