接種不適当者と接種要注意者

いよいよ、新型コロナワクチン接種が現実的に近づいてきましたが、
どんな人が接種NGで受けられないか、厚労省が告示しました。

よく分からないのが「基礎疾患」の定義です。その説明も調べてみましたが、よくわからない?
まあ、通院していない方は、体調が悪くないかぎり接種OKだと思います。

新型コロナ・ワクチン接種「不適当者」と「要注意者」

新型コロナ・ワクチン接種「不適当者」

  1. 37.5°以上の熱がある人
  2. 重篤な急性疾患にかかっている人
  3. 新型コロナワクチンの接種液の成分によって急激なアレルギー反応が出る「アナフィラキシー」の症状を呈したことがある人
  4. 海外で接種後に帰国するなど新型コロナに関するほかの予防接種を受けたことがある人

新型コロナ・ワクチン接種「要注意者」

  1. 心臓血管系疾患、腎臓疾患、肝臓疾患、発育障害など基礎疾患のある人
  2. 予防接種後2日以内に発熱のみられた人や全身性の発疹などアレルギーを疑う症状を呈したことがある人
  3. けいれんの既往のある人▽免疫不全の診断がされている人や近親者に先天性免疫不全症の人がいる人

ワクチン37・5度「不適当」 厚労省通知 基礎疾患ある要注意者は慎重接種

慢性の心臓病や腎臓病、肝臓病などの基礎疾患がある人は重症化リスクが高いため、接種の優先対象となっており、それだけ接種が必要な人と位置付けることができる。ただ、副反応などを考慮すると、基礎疾患がある人にはきめ細かい対応は必要で、疾患の状況が悪化している場合などは「接種の延期を含め、特に慎重に予防接種の適否を判断する必要がある」とも明記した。

私の病気は「基礎疾患」?

【ワクチンここが知りたい】優先接種の「基礎疾患」って?

基礎疾患

厚生労働省は基礎疾患として、慢性の呼吸器の病気や心臓病(高血圧を含む)、腎臓病などを挙げる。血液の病気や免疫機能が低下する病気にも言及しているが、いずれも通院・入院中が条件となる。

近畿大医学部の宮沢正顯教授(ウイルス感染免疫学)は「基本的にこれらの疾患は重症化リスクが高いとされる。ワクチンを早期に接種する必要がある」と話す。

ただ掲げられた基礎疾患の分類を見ても、具体的な病名や状況がイメージしにくいものもある。

「慢性の呼吸器の病気」とは何か。厚労省に尋ねると、担当者は肺の機能が低下する慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)や慢性の気管支炎などを例示。「慢性の心臓病」は、心不全や心臓弁膜症などを想定しているという。年齢とともに患者が増加傾向にある高血圧症については、「通院していれば広く対象になる」との見通しを示した。