オリンピック・チケット3つの再ゲットチャンス(21日「特ダネ!」より)

開会式チケット、1席なんとA席30万円!

オリンピック・チケット当選者のインタビューを見ていて、開会式のチケットの高さにびっくりしました。なんと、A席30万円ほどです。2枚だと30万円。その他のチケットも結構高かったですね。

当選された方は、2019年6月20日(木)〜7月2日(火)までに購入手続が必要となります。しかも、当選したチケットは枚数に関係なく、すべて買うor買わないかの2つの選択肢しかありません。
けっこう、大学入試の滑り止めではありませんが、落選を予想して多めに申し込んだ人も多いと思います。

いらないチケットだけキャンセルすることはできませんので、とうぜんキャンセルする方も出てくるでしょう。

キャンセルされたチケットの販売はどうなるのか?
オリンピック・チケット3つの再ゲットチャンス

  1. チャンス①今週秋から先着順販売(公式販売サイトより)になります。
    東京2020公式チケット販売サイト
    https://ticket.tokyo2020.org
  2. チャンス②来春より窓口販売所(都内に設置予定)
  3. チャンス③公式リセールサービス
    急に行けなくなった人のチケットです。
    ※第三者に譲るのはNGで公式リセールサービスへ。
    また、購入時には行く人全員の名前も登録しなければなりませんので、オークションサイトでは販売できないということになります。
    ヤフオク、メルカリで、「オリンピックチケット」と検索してみましたが、6月23日11時現在出品はありませんでした。

オリンピック・チケット落選された方

チャンス①とチャンス②ですが、販売開始時期や都内の設置場所などよくわかりません。しかし、まだオリンピックを眼の前で観戦する可能性は残っています。

詳しい情報が分かりましたら、また取り上げます。