2022ミス・ワイン:山本かれん©️『週刊新潮』2022 ミス・ワイン

ミス・ワインって? 知らなかった!

「ミス・ワイン日本大会」があることを、全然知りませんでいた。今年で7回目だといいますが、今までニュースでも見たこともありません。塩尻市(国内生産量ナンバー2)が中心になっているそうですが、プロモーションにお金をかけられないのかもしれません。

9月9日決勝も中途半端な時期です。いっそのことボジョレー・ヌーボーの時期(2022/11/17)に合わせて発表すれば、少しは相乗効果も期待できるのではないでしょうか。また、9月9日はまだまだ残暑ですし「今夜ワインを一杯!」とはならないでしょう。やはり、11月第一週目に開催するのが、ベターだと考えます。

2022ミス・ワインの〈山本かれん〉って誰? 204名中第1位!

山本かれん・プロフィール
麗タレントプロモーション・山本かれんページより
http://www.ray-pro.com/enter/talent_detail.php?id=171

【生年月日】1996年10月28日
【出身地】奈良県
【身 長】198cm
【サイズ】B81・W57・H85
【特 技】クラシックバレエ(10年)ピアノ(10年)ヴァイオリン(6年)

【映画】
2020:短編映画『はなうたの鳴る方へ』監督:加藤秀麻(ミキ役)

【ドラマ・再現ドラマ】
2022:TBS『ワールド極限ミステリー』
2021:ABCドラマ『3Bの恋人』演出:瀧悠輔(#1 ヨシの女役)
2020:CX『痛快TVスカッとジャパン』(篠崎聡美役)
2016:TBS『謝りたい人がいます。』(生稲晃子役)

【CM広告】
2021:『le coq stortif X ABC MART』WEB
2021:『雪印メグミルク』WEB
2021:『tinder』WEB
2020:『アイリスオーヤマ』CM(メイン出演)
2020:『元気森林』CM(メイン出演)
2020: AVEDA『invati advanced 3steps care2020』

【雑誌】
2020:『ZENBI』5月号

[ミス・ワイン]って知っていましたか?

2022ミス・ワインコンテスト©️『週刊新潮』2022 ミス・ワイン

「ミス・ワイン日本大会」は、2022年で7回目。近年世界的に注目を集めている日本ワインのさらなる普及に努めるべく、国内生産量ナンバー2の長野県・塩尻市が中心となってスタートしたコンテストです。今年も日本全国から募った204名の中から、ファイナリスト15名を選出(うち2名は辞退)。

審査に先立って、ファイナリストたちはワインや酒税法の基礎知識のほか、マナー、ウォーキングなどのセミナーを受けてから本番に臨見ます。この時の受講態度や積極性も審査の対象になっているそうです。

9月9日に東京・京王プラザホテルで開催の「2022ミス・ワイン日本大会」本番当日、塩尻市長の小口利幸・審査委員長のもとに行われた厳正なる審査で、見事グランプリに輝いたのは、奈良県出身の山本かれんさん。身長168cmでスタイル抜群、幼少期からクラシックバレエを習い、ヴァイオリン、ピアノもこなす才色兼備の25歳です。

山本かれんさんは雑誌のモデルのほか女優として活動し、今後のさらなる飛躍が期待されます。
「エレガントさと力強さを兼ね備えたワインが好きです。日本のワイン、特に塩尻のワインは葡萄の甘さとコクが深くて、とても美味しいと思います」とのコメントは、ワインの知識ありそうです。

山本さんは今後ー年間、日本各地で催されるイベントに参加する予定です。

山本かれんInstagramより山本かれんInstagramより

ミス・ワイン 公式サイトってどんなサイト?

ミス・ワイン 公式サイト(2022年で7年目
https://www.misswine.jp/

About Miss Wine
■Miss Wine の使命は、多くの人にワインの魅力を伝え、文化・産業振興そして地域活性化に貢献します。
■成長し続ける日本のワイン市場
・ワイン消費量が伸び続けている
・若い世代から多くの世代へ裾野を広げる国産ワイン
・より楽しみ方が広がる輸入ワイン
■日本ワインが飛躍する
・日本ワインの躍進 魅力を地域から全国そして世界へ
・農家の新しいチャレンジに行政も支援
・地方活性化のコンテンツとして活用
・ワイン産業振興の取り組み