牛肉・日本の畜産・酪農応援キャンペーン

日本の畜産・酪農応援キャンペーン

国産黒毛和牛ロースステーキ(4枚約800グラム)を無料

新型コロナウイルスの感染拡大の余波で高級和牛の販売が落ち込むなか、積み上がった在庫処分での黒毛和牛ロースステーキ約800グラム無料プレゼントです。

応募先→ https://life.ja-group.jp/cpn/chikuraku

ただ、応募先にアクセスしても、「サーバーが応答しません」表示。

現在、アクセス集中によりページを表示しにくくなっています。
なお、「日本の畜産・酪農応援キャンペーン」につきましては、4月10日(金)まで応募可能となっています。
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、しばらく経ってから再アクセスいただきますよう、お願いいたします。

【朝日デジタル】
無料で和牛配布、枠を大幅拡大 JA、コロナで在庫処分
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200330-00000036-asahi-ind

新型コロナウイルスの感染拡大の余波で高級和牛の販売が落ち込むなか、積み上がった在庫の処分を進める。

全国農業協同組合中央会(JA全中)は、高級和牛1万円相当を消費者5千人に無料で配る。「キャンペーン」の当選者を当初予定の20人から250倍に増やす。3月末までだった応募の期限は4月10日まで延長する。

拡充するのは、2月9日に始めた「がんばろう!日本の畜産・酪農応援キャンペーン」。国産黒毛和牛ロースステーキ(4枚約800グラム)を無料で贈る。

応募先→ https://life.ja-group.jp/cpn/chikuraku

訪日観光客や宴会の減少で、高級和牛の価格は前年より3割ほど下がった。在庫が積み上がり、流通業者の倉庫は、ほぼいっぱいになっているという。

和牛をめぐっては、自民党の農林部会が「お肉券」を提案したが、党内外から批判が殺到。30日に党政務調査会がとりまとめた経済対策の提言には、水産部会が求める「お魚券」とともに盛り込まれなかった。構想が頓挫するなか、自助努力で在庫の削減を進める。(大日向寛文)

終わりに

志村けんさんが、3月29日午後11時10分にコロナにより死亡。20日に肺炎と診断されてから、10日もたっていません。志村けんさんが70歳といっても、若者にもこのコロナウイルスの恐ろしさが身近に感じられたことでしょう。

小池都知事は「功績」という言葉を使い、蓮舫さんが「心ない」と批判しました。小池都知事として、なんとか感染防止を考えていたので、このような言葉になったのだと思います。

そんな暗い中の「日本の畜産・酪農応援キャンペーン」。無料プレゼントする全国農業協同組合中央会(JA全中)は厳しい状況ですが、黒毛和牛ロースステーキ約800グラムを無料でいただけるなら、応募しない手はありません。

サーバーダウンを上手く回避できたら、応募しましょう。