気になった雑誌記事

スポンサーリンク
気になった雑誌記事

【ターザン】イモトアヤコ、脱げるカラダ2020。旦那が羨ましいぞ!

夏が来るわけではないが、ましてや人前で裸になる機会があるわけではないが、脱げるカラダというタイトルは、胸に刺さる!脱げないカラダだからだ。それにしても、『ターザン』のページを繰っていて、最初、この女性が誰だかわからなかった。
気になった雑誌記事

必読!ものまねファーストサマーウイカ、3語のキーワード戦略がすごい!

『週刊プレイボーイ』たったの2ページ・インタビューですが、彼女の頭の良さ、ビジネス感覚のすごさがわかります。特に、自分の立ち位置・ポジショニング戦略がすごいです。わかったからといって実行できるわけではありませんが、一読することをおすすめします。
気になった雑誌記事

なべおさみ×白血病・池江瑠花子の奇妙なカンケイ。王監督、小林麻央とも。

「私に信愚性など皆無だし、私はなべおさみだからだ。なべおさみなんて者が何の力があるのだよで終わりだ」しかし、嘘だとは誰も言いきれない。王監督に真実かどうかを聞きたいが……。
気になった雑誌記事

山口百恵「さよならの向こう側」の現在は、キルト作品の世界。

表舞台に立つことがなかった山口百恵さんだが、キルトの世界ではかなりの腕前でデザイン力に優れている作家。しかし、芸能マスコミをにぎわせているのは、作品そのものへの関心ではないのがちょっと気の毒。
気になった雑誌記事

600枚書いて「何でこんなものを書いちまったんだ!」池井戸潤ってどんな作家?

「ノーサイド」は最後まで見てしまいます!池井戸潤氏のドラマは女の子のケーキと同じで、いくらでも別腹で見てしまいます。でも、もう本は読まないな!
気になった雑誌記事

【本屋占い】私にとって、本屋はカウンセラーです。

「ネット検索」と「本屋で漠然とタイトルを眺める」には、決定的な違いがあります。だから、悩んでいる時や考えごとがある時は、本屋に行きます。
気になった雑誌記事

【グループ・サウンズ】といえば、ザ・タイガース or ザ・テンプターズ?

GSの思い出はザ・タイガースの「モナリザの微笑み」が始まり。マイ・イメージ・ジャケット「モナリザの微笑み・花の首飾り・廃墟の鳩
気になった雑誌記事

【警告】あなたの宝物、奥さんに「こんまり」されてない?

もし、あなたの奥さんが「こんまり片づけ」にはまっていたら要注意。なぜなら、奥さんはあなたの趣味には「ときめかない」からです。
気になった雑誌記事

今週の『週刊文春』「浮世写真家」喜千也さんってご存知ですか?

初めて「浮世写真家」という言葉を見ました。『文春』には作品は5点しか掲載されていません。37点掲載のサイトを見つけました。
気になった雑誌記事

銀座のママはお見通し!「本当の教養人」と「教養バカ」の違い。

難解な言葉を並べただけで、結局何を言っているのか理解できないのであれば、知識をひけらかしているだけの「教養バカ」です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました