FNS歌謡祭 ギタリスト吉岡里帆「女優よりミュージシャン!」


※FNS歌謡祭の動画は視聴できなくなりましたので、こちらの動画をどうぞ。カッコよさは変わりません。

吉岡里帆が原因? 2018年の映画とTVドラマ

映画「体の芯からまだ燃えているんだ」の不評やTVドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」の視聴率の低さが、吉岡里帆の原因とされている風評は、的外れです。
なぜなら、映画やドラマのヒットは主演女優で決まるわけではないからだ。主演女優は、映画あるいはTVドラマの1ピースです。ストーリー、脚本、そして何より監督のディレクションが多くくものをいいます。

たとえば、『スターウォーズ』第1作のハリソンフォード、『スパイダーマン』第1作のトビー・マグワイア、『エイリアン』第1作のシガニー・ウィーバーなどみんな無名だった。しかし、この三者の続編を含めての活躍は素晴らしかった。
なんか、SF映画ばっかりで、すみません。

「FNS歌謡祭」吉岡里帆、素晴らしい、かっこいい!

最初、吉岡里帆が『FNS歌謡祭』に出るとCMで見たとき、「ほ〜、吉岡里帆、歌えるんだ!」と思っていたぐらいで、単なる上祐が歌えるレベルかと思っていました。

それが、吉岡里帆が実際登場したとき、アコースティックギターをかけていたのには驚きました。

えっ!吉岡里帆さん、ギター弾くの!単なるポーズかな〜

って、思っていました。

吉岡里帆さん、すみません。あなたは女優よりミュージシャンになった方がいいのでは!
そう思いました。

とにかく、カッコ良かった!1曲だけではなく、3曲いや2曲は聴いていたかった。特に、アコースティックギターの弾き語りで、バラード曲も歌う吉岡里帆も見たかった。コンサート、それも100人ほどの小ホールでやってほしい。と、思いました。

また、古岡里帆さんは京都橘大学文学部日本語日本文学科書道コースを卒業しており、書道8段の腕前だそうです。彼女見かけによらず、再演なようです。

吉岡里帆、女性にイマイチ人気がない?

吉岡里帆さん、そのコケティッシュな表情から、「男に媚びている」と女性にはイマイチ人気がないといいます。確かに、一見確信犯の田中みなみアナウンサーふうな感じを受ける時もあります。

が、吉岡里帆さんの一生懸命さがそうさせているのではないでしょうか。そんな真面目さが伝わってきます。そこが、ちょっと目につくのかもしれません。

でも、急に人気に出てきて、これからの方が長いのです。頑張ってほしい女優です。
正直に書きますが、その体つきとバストの大きさ、大好きです。水着写真、検索してたくさん見てしまいした。癒されます。

上の動画は削除されるかもしれませんので、吉岡里帆の勇姿をご覧あれ!このアコースティックギターのバラード曲の弾き語りをして欲しかったな〜。

ギタリスト吉岡里帆

スポンサーリンク
Vclub336-280




Vclub336-280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット



スポンサーリンク
Vclub336-280