沢尻エリカ逮捕、合成麻薬MDMA所持「私の物に間違いありません」損害賠償5億円!

沢尻エリカ「ヘルタースケルター」

沢尻エリカ「ヘルタースケルター」ラストシーンが現実に?

沢尻エリカ、イメージ的に現実になった!
沢尻エリカ、映画『ヘルタースケルター」の最後の方、記者会見の席で自分の目を自らナイフで刺したシーンです。

「沢尻エリカ逮捕、合成麻薬MDMA所持」のニュースで、最初に思ったのは
今まさに女優の絶頂期ともいうべき沢尻エリカ、麻薬は自殺行為であると知っていたはず!

「沢尻エリカ、彼女ほどの女優がなぜ?」

と、いうことでした。

また、数ヶ月前にFRIDAYに載った男友達と歩く姿の沢尻エリカ。その男友達がなぜか「ヤバイ!」と感じました。(その男友達のせいかどうかわかりませんが)

若い沢尻エリカに、麻薬を進めたのが誰か?

沢尻エリカ
「10年以上前から大麻やコカイン、合成麻薬LSDを使用してきた」
「私も逮捕されるんではないかと注意していた」
10年以上前というと、沢尻エリカはまだ23歳より前から薬物に手を出していたことになります。

20代早々の沢尻エリカに、麻薬をすすめたのが誰か?
責任は本人にあるとはいえ、麻薬をすすめた人物の責任は重大です。
彼女の人生は、薬物と一緒だったと言っても過言ではありません。

沢尻エリカ、損害賠償5億円を超える⁉︎

沢尻エリカ、いあkの出演の損害賠償が待っている!

  • 映画
    『人間失格 太宰治と3人の女たち』←もう上映中止?二階堂ふみのバストが見たかった!
  • ドラマ
    NHK大河ドラマ「麒麟が来る」10話まで撮り終える。←20年1月5日間に合わない!
    セットはすでにバラし、他の出演者のスケジュールもままならない問題。
    ネットフリックス「Followers」←出演一部なのでカット
  • CM(1本:推定出演料4,000万円+制作費2,000万円)
    サントリー「ほろよい」
    アイセイ「エバーカラーワンデー」
    マンダム「バリアカラーワンデー」
    P&G「レノアハピネス」
    「インディード」

読売新聞2019.11.19朝刊です。

読売新聞2019.11.19朝刊

読売新聞2019.11.18朝刊です。

20191118読売・沢尻エリカ

読売新聞2019.11.17朝刊です。

沢尻エリカ逮捕 合成麻薬MDMA所持

沢尻エリカ逮捕、合成麻薬MDMA所持「私の物に間違いありません」

合成麻薬「MDMA」を所持したとして、警視庁は16日、女優の沢尻エリカ容疑者(33)を麻薬取締法違反の疑いで緊急逮捕した。沢尻容疑者は「私の物に間違いありません」と容疑を認めているという。
警視庁は、継続的に使用していた疑いがあるとみて、入手ルートについても捜査を進める。

発表によると、沢尻容疑者は16日午前8時45分頃、東京都目黒区碑文谷の自宅マンションで、カプセルに入ったMDMAの粉末。0.09グラムを所持した疑い。警視庁は、沢尻容疑者が薬物を持っているとの情報を得て、同日朝からマンンョンを捜索。自室の棚にあったアクセサリーケース内から、袋に入ったカプセル2個を発見した。このうち1個の中身を鑑定したところ、MDMAと確認された。

【MDMA】とは

覚醒剤と似た化学構造の結晶性の粉末合成麻薬。「エクスタシー」とも呼ばれ、錠剤やカプセルの形で密売される。1980年代に米国で広まり、日本では89年に麻薬取締法の規制対象となった。厚生労働省などによると、幻覚や幻聴、精神障害を引き起こし、心不全を誘発して死に至ることもある。

文集デジタル、沢尻エリカの「大麻パーティーの夜」

沢尻エリカ、大麻パーティーの夜
“衝撃の現場画像”をバルセロナで入手

「エリカはマリファナを回して吸うのが好き」

「エリカはマリファナを皆で回して吸うのが好きなんだ。自分の分はたいてい紙に巻いて吸うんだけど、そのやり方が女の子らしくて可愛いんだよ。キマってくると目が赤くなって、ニッコリ笑顔になった。大麻で狂うってことはなかったね。ただ、シャンパンと一緒にやったときは悪酔いして、よくソファーの上でぶっ倒れてたよ。朝方、何度も吐いたこともあった」

そう語るのは、仮にも人妻である沢尻と、昨年まで交際していたというスペイン人セルジオ。

このパーティーに参加したというスペイン人男性が話す。

「僕らも大麻をやったしエリカもジョイント(タバコに大麻を混ぜたもの)を吸ってたよ」

「週刊文春」記者は見た
家宅捜索3時間前、クラブで踊り明かす沢尻エリカ

 11月16日、警視庁組織犯罪対策5課に麻薬取締法違反の疑いで逮捕された女優・沢尻エリカ(33)。彼女は家宅捜索のわずか3時間前まで、東京・渋谷区にある人気クラブ「W」で仲間たちと上機嫌で踊り明かしていた。

「週刊文春」編集部の取材班は、今年夏、沢尻の違法薬物使用に関する情報を入手。逮捕当日、沢尻が「W」を訪れるという情報を得ており、取材班は、深夜12時から店内で取材を進めていた。

(中略)

小誌記者が4階のVIPルームで沢尻の姿を目にしたのは、深夜1時40分のこと。髪の毛をアップにし、ド派手なスパンコールが入った漆黒のワンピースを着こなした沢尻は終始ハイテンションだった。交際相手のファッションデザイナーA氏と合流すると、DJブースの最前列に向かい、慣れた様子でDJと握手。背後に控えるA氏は、妖艶な腰つきで踊る彼女を護衛するかのように周囲に鋭い視線を向けていた。

紙巻きタバコを深く吸い込み、恍惚の表情

「30歳過ぎると身体の代謝が悪くなっちゃって……」
沢尻はそう言うと、友人女性のぱっくりと開いた背中を触り、「すごい綺麗!」と歓声をあげた。

その後、沢尻のテンションは上がる一方だった。バーカウンターに移動すると、スケーター風の知人男性たちに囲まれ、大声で乾杯。飲酒の合間に目を瞑り、紙巻きタバコを深く吸い込むと、恍惚の表情を周囲に向けていた。時折、隣の長身の男性と抱き合い、しなだれかかるシーンが見られたが、A氏が間に入って諌めるなど、奔放な沢尻の様子も見て取れた。

アクセサリーボックスの中に合成麻薬MDMA

沢尻が「W」を後にしたのは、閉店時間の朝方5時頃のこと。朝方、帰宅した沢尻を待ち構えていたのは、組対5課の捜査員だった――。

コメント

タイトルとURLをコピーしました